エンタメ ドラマ・映画

『スターウォーズ/フォースの覚醒』あらすじを120秒で簡単におさらい!

[本日] 1 views [累計] 51 views

starwars
『スターウォーズ/フォースの覚醒』のあらすじを超簡単に120秒程度で読めるようにまとめてみました。

本記事で紹介するエピソード7以前のストーリーを超簡単におさらいしたい場合は、以下の記事を参照してみ下さい。
⇒スターウォーズ全エピソードのあらすじを90秒で簡単におさらい!

それでは、早速フォースの覚醒のストーリーです。

(Author: アール)

Sponsored Link

『スターウォーズ/フォースの覚醒』の背景知識

銀河帝国の崩壊から30年後。帝国軍の残党が『ファースト・オーダー』と名を変え再び銀河を支配しようとしていた。

最高指導者はスノーク。


そして、カイロ・レンがフォースを操りファースト・オーダーを率いていた。


一方でレイアは新銀河共和国の支援で再び軍事組織『レジスタンス』を指揮していた。


物語は、ファーストオーダー、レジスタンス双方が、行方をくらましている最後のジェダイ『ルーク』を探しているシーンから始まります。


『スターウォーズ/フォースの覚醒』のざっくりあらすじ

ルークの行方を示す地図が惑星『ジャクー』にあることを知り、レジスタンスのポー・ダメロンとBB-8、そしてファーストオーダーのカイロ・レンがほぼ同時期に『ジャクー』に降り立ち争いとなる。


地図はBB-8が持ち去り逃げ切ることに成功。ポーはファーストオーダーに連れ去られてしまう。

が、ファーストオーダーのフィンは、レジスタンス側に寝返る。なんと、ポーを助けて、戦闘機を奪い脱出。


しかし、追手の攻撃を受けてジャクーへ墜落。ポーは消息不明に、フィンはパラシュートで脱出、砂漠を放浪する事となる。

放浪の末、フィンはレイ、BB-8と出会う


が、すぐさまファーストオーダーからの攻撃を受ける。レイ達は砂漠に放置されていた古い飛行貨物船に乗り込みジャクーを脱出。追手を振り切る。


実はこの古い貨物船は、かつてハン・ソロが所有していたミレニアム・ファルコンで、この直後、偶然にもソロがファルコンを見つけ、レイ達とソロが合流する。


レイ達はBB-8が持つルークの居場所を示す地図を確認、そのデータが不完全なものであることが判明。そして、レイ達はソロの友人のマズ・カナタに助けを求めるべく惑星タコダナを訪れた。


しかし、ファーストオーダーに居場所を察知されてしまい一行は、襲撃を受け窮地に陥る。ここで消息不明だったはずのポー率いるレジスタンスの部隊が登場して形勢逆転、一命を取り留め、一行はレジスタンスの秘密基地へと向かった。しかし、襲撃の際、レイはレンに捕まり、ファーストオーダーのスターキラー基地に連行されてしまう。

レジスタンスの基地では、レイの救出、そしてソロとレイアの実の子であるレンを生きて連れ戻すため、スターキラー基地の襲撃計画を立て、ソロ達はファルコンで旅立つ。

スターキラー基地で尋問を受けていたレイだったが、なんとか尋問室から脱出。基地に潜入したソロ達と合流する。そして、ソロ達は基地の弱点である地下施設のコアに対して爆薬を仕掛けてポー率いる戦闘機部隊の突破口を開こうとしていた。

そこで、ソロとレンが出会い親子の再開となる。ソロはダークサイドに落ちてしまった息子の本名である「ベン」と呼びかけ、一緒に帰ろうと誘いかけるが、レンは涙を流しながらも父親の身体をライトセーバーで貫いてしまう。ソロはそのまま、地下深くへと転落してしまう。


その後、仕掛けた爆薬が爆発し、地下施設が崩れ始める。ポーは地下施設の爆発を察知して、弱点であるコアへの攻撃を試みる。

レイ達は地下施設を抜け出し、森に置いていたファルコンを目指す。しかし、その前にレンが立ちはだかる。レンの猛攻に一旦窮地に陥るも、フォースと一体になったレイは一転してレンを圧倒。


勝負がついたかというところで地面が大きく揺れ始める。そして、レンとレイの間に大きな亀裂が生じ、2人の戦いはここで一旦終わりを迎える。レイ達はファルコンで大爆発寸前のスターキラー基地を脱出する。

その直後、スターキラー基地は大爆発。レイ達を乗せたファルコンは、レジスタンスの秘密基地へと戻り勝利を祝った。

そして、ルークの失踪以来活動を停止していたR2-D2が突然起動。BB-8が持っていた不完全な地図のデータ、R2-D2の持っていた情報を組み合わせ、ルークの行き先を特定することに成功する。


レイはファルコンに乗り込み、ルークのもとへ。レイはフードを被った老人と出会い、かつて彼のものであったライトセーバーを差し出すのだった。