エンタメ 音楽

音楽好きが読むべき漫画ランキング!【バンド/ポップス編】

2017/11/11 [本日] 2 views [累計] 35 views



いろんなマンガが世の中にあふれていますが、自分の趣味がマンガの題材にされていると嬉しいものです。そうなると、読んでみようという気持ちも高まりますよね!

本記事では、音楽好きな方であればきっとハマる『音楽を題材とした漫画』をピックアップ。さらにそれをランキング形式で紹介させていただきます。

音楽を題材としたマンガと言いましても、実は結構大量にあります。
ですので、本記事では『ポップスやバンドを題材とした物語』に絞ってランキングを作成してみました。

ランキングの順位は、基本的には私(男性・アラフォー・現役バンドマン)の主観となりますが、Amazon等のレビューも参照して補正を加えております。

それでは、早速第1位から紹介いたします。

Sponsored Link

第1位: BECK


全34巻(連載終了)
作者:ハロルド作石
ごく平凡な中学生、田中幸雄(通称コユキ)は、プロを目指すバンドのギタリスト南竜介と偶然出会う。コユキは竜介との出会いで、楽器経験ゼロから、ギターの練習を始め音楽にハマり始める。一方で、竜介は所属するバンドを辞め新たなバンドを結成する事を決める。バンドのメンバーが固まり、様々な壁にぶち当たりながらも、上を目指して行く音楽青春物語です。

この漫画の要素として、恋愛・友情等もありますが、大きな比重を占めるのは、やはり音楽・バンドの物語でしょう。多少都合の良い設定も見受けられるかもしれません。ですが、他の音楽漫画に比べれば、だいぶリアリティのある設定、描写で物語が進んでいきます。

私自身も、バンド活動をしていたこともあり、感情移入して読み進めることができ、時に鳥肌がたち、時に感動して涙を流しそうになったりしました。本格的な音楽漫画を読みたい方、バンド経験者、バンド好きな方におすすめです!!

また、BECKは、アニメにもなっていますし、実写映画も公開されています。漫画と合わせて鑑賞をおすすめいたします!

Amazonや楽天では購読した方のレビューを参照できますので、下記リンクも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか?
楽天ブックス・楽天Kobo電子書籍でBECKを確認!
Amazon・KindleでBECKを確認!


第2位: 風夏


1巻~17巻(『週刊少年マガジン』で連載中)
作者:瀬尾公治
いつもスマホをいじりツイッターばかりしている主人公『榛名優』は転校先の高校で『秋月風夏』と出会う。これまでやりたい事が見つからなかった風夏は、優の言葉をきっかけにボーカルとして音楽を始めることを決心する。しかし優は全くの楽器初心者。バンドの一員としてゼロからベースを練習し始める。バンドの成長と恋愛を描き、そして少年誌だからでしょうか、少しばかりですが自然な形でちょっとエッチな描写もあったりします。

物語の序盤は音楽の話は少なく、普通の青春恋愛物語という感じですが、コミックの2巻くらいからやっとで、バンドの物語が始まります。そんな物語の序盤で、いきなり衝撃的な展開が待ち受けています。本当にびっくりします。

主人公・優のまわりには、実は数多くの音楽関係の有名人がいて、その有名人とのつながりが物語を面白くもしています。また一方で、都合が良すぎる設定が多いので、興ざめしてしまう方も中にはいるかもしれません。(とはいえ、多くのマンガがそうなのですが...)
色々と現実的にはありえない設定だとしても、それを普通に受け入れて楽しめるかどうかで評価がだいぶ変わる漫画だと思います。私は面白く読ませていただいています。

また、この漫画も、過去にアニメにもなっています。それだけ人気があるという事でしょう。

Amazonや楽天では購読した方のレビューを参照できますので、下記リンクも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか?
ただ、注意しておきたいのは『風夏』は作者の前作『涼風』からの続きモノとなるマンガです。つまり、前作からの読者も多いはずです。前作は音楽マンガではなかったので、音楽に興味のない人のレビューも多いと思われます。音楽好きだけが読んで評価すればもう少し高い点数がつくと感じます。
楽天ブックス・楽天Kobo電子書籍で風夏を確認!
Amazon・Kindleで風夏を確認!


第3位: けいおん!


全4巻(連載終了)
※4巻終了後を描いた『けいおん!Highschool』『けいおん! College』という作品もあり
作者:かきふらい
けいおん!はアニメの方が有名だと思いますが、その原作となります。『けいおん!』のタイトル通り、女子校の軽音部の日常を描いた作品です。楽器経験なしの主人公ゆいが、軽い気持ちで軽音部に入ることから始まる4コマ漫画です。4コマ漫画とあなどるなかれ、楽しく物語が展開していきます。

時には部室でティータイムでまったりしたり、時には楽器を買うためにみんなでバイトしたり、時には真面目に音楽したり...。女子高生の日常を描いたものですが、登場人物や作品全体の雰囲気がほんわかしてて癒やされます(笑)。

ただ、音楽要素ももちろん入っていますが、本格的な音楽マンガを求めている人向きではないとは思います。でも、アニメで演奏される曲は普通にロックしててカッコイイ曲ばかりです(女子校っぽいほんわか曲もありますが...)。普段アニメを観ない僕でもハマったので、『アニメなんて』という方も、一度騙されたと思ってぜひ観てくださいませ!
楽天・楽天Kobo電子書籍でけいおん!を確認!
Amazon・Kindleでけいおん!を確認!



第4位: 覆面系ノイズ


1巻~13巻(『花とゆめ』で連載中)
作者:福山リョウコ
主人公ニノは歌が大好きな女の子。幼い頃、隣に住んでいたモモが初恋の相手。部屋がちょうど向かいあっていて、窓を開けては良くお話をしたり一緒に歌ったりしていた。しかし、モモ一家は突然引っ越してしまい突然の別れ。
そして今度は水曜の夜に決まって浜辺に現れるユズと知り合う。ユズは幼いながらも作曲して砂浜に譜面を書き、ニノはその曲を歌っていた。歌っていればいつかモモに再開できると思って。ニノに心惹かれていくユズ。しかし、ユズとニノの別れも突然訪れる。

高校生になり、ニノはユズと再開、一緒にバンドをすることに。ニノはまだモモの事を忘れられず、ユズはニノの事が好き。さらに、バンドでボーカルをしていた女の子はユズの事が好き。そして、モモとの再開が...。複雑な恋愛物語、バンドの成長物語がメインとなっています。

少女漫画雑誌に連載されているだけあって、女子好きな恋愛漫画と思いきや、音楽・バンドの物語としても十分楽しめるものとなっています。この漫画も『風夏』同様、都合の良すぎる設定が多いですが、漫画と割り切れれば面白いと感じると思います。

この漫画もアニメにもなっていますし、2017年12月には実写映画が公開されます。
楽天ブックス・楽天Kobo電子書籍で覆面系ノイズを確認!
Amazon・Kindleで覆面系ノイズを確認!

第5位: NANA


1巻~21巻(『Cookie』で連載していたが作者病気により2009年より休載中)
作者:矢沢あい
プロのミュージシャンを目指すため上京する大崎ナナ、彼氏と同居するため上京する小松奈々。2人は上京途中の新幹線で出会う。しかし、様々な偶然が重なり、何故か2人は一緒に住むことになる。ナナのバンドBLACK STONESのメンバー、ナナの恋人本城蓮が所属するTRAPNESTのメンバー、そして奈々を交えて物語が進んでいきます。

少女漫画誌『Cookie』に掲載されていた漫画です。奈々の恋愛物語、ナナの恋愛物語、そして2つのバンドの物語が同時進行していきます。クールなライブシーンなども描かれており、音楽漫画としても楽しめる一方で、少年誌ではあまりみられないようなドロドロとした恋愛模様も描かれています。こういった恋愛ストーリーは、好き嫌いが分かれるところかもしれません。しかしながら、私にとっては、続きが気になって、面白くて一気に読んでしまった漫画でもあります。

NANAは実写映画化されました、2005年に第一作目、2006年に第二作目が公開され、特に第一作目はかなりヒットして話題となりました。
楽天ブックス・楽天Kobo電子書籍でNANAを確認!
Amazon・KindleでNANAを確認!

第6位: フジキュー


全4巻(連載終了)
作者:田口囁一
全くのギター初心者である主人公『不死原 求(フジキュー)』が、今やスターへの登竜門と言われる『国立音楽アカデミー(Japan Academy of Music)』通称『JAM』の入学試験にビリ2で受かり入学することとなる。『そこを首席で卒業すれば憧れのバンドに入れてもらえる』という言葉を馬鹿正直に信じていたからだった。

入学後は才能溢れる在校生と競い合いながら、バンドで有名になることを目指す音楽マンガです。いや、音楽ギャグマンガと言っても良いかもしれません。

何故かと言うと、設定に無理があり、それでウケを狙った作品といえるからです。ギターの弦を演奏中に6本全部切ったりとか、極度の緊張症の女の子が、お面をかぶると普通にピアノを弾けるけるようになるとか、バンドメンバーの1人がパンダだったりとか、現実的にはあり得ないだろうという設定が多いです。

それをリアリティがないものとして受け入れられないと感じれば、評価は低くなるかもしれません。つまり、音楽マンガにリアリティを求める人には向かないと可能性が高いです。
逆に、それを普通のギャグとして受け取る、またはさらっと受け流せる人であれば、面白いと感じる可能性が高いです。エンターテイメントとして何でもありだと考えていると人であれば楽しく読み進められるのではと思います。
楽天ブックス・楽天Kobo電子書籍でフジキューを確認!
Amazon・Kindleでフジキューを確認!


その他バンド・ポップス関連のマンガについて

ここまで6冊紹介してきましたが、まだまだバンドやポップスを扱う音楽マンガがあります。例えば、以下のようなマンガです。

・シオリ エクスペリエンス
・Eから弾きな
・ちゃりこちんぷい
・ハレルヤオーバードライブ
・30センチスター
・ウッドストック
・カノジョは嘘を愛しすぎている
・ソラニン
・少年よギターを抱け
・階段途中のビッグノイズ

これらは、私自身がまだ評価できていませんので、評価できたら、徐々に上のランキングに追加していく予定です。

他にもバンド、ポップス系で面白そうなマンガがもしありましたら、教えていただけますと嬉しいです。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。