スポーツ 野球

【メジャーリーグ】プレーオフ(ポストシーズン)の仕組みを簡単に解説

2017/10/13 [本日] 86 views [累計] 1,938 views



メジャーリーグ(以下、MLBと略します)でも、レギュラーシーズン終了後に、プレーオフが開催されます。

しかしながら、12球団のみの日本のプロ野球に比べて、MLBは30球団です。球団が多い分、プレーオフの仕組みも難しくなっているようです。

その複雑なMLBのプレーオフをわかりやすく解説してみようと思います。

(ライター: アール)

Sponsored Link

MLBのリーグ構成について

それでは早速2017年現在のMLBでのプレーオフ制度の説明をしたいところですが、まずは、MLBのリーグ構成を把握しておきましょう。その方が理解が早くなります。

MLBでは
・アメリカンリーグに15球団
・ナショナルリーグに15球団
というように、2リーグに計30球団が所属しています。

さらに、各リーグ内で、5球団ずつに分けられます。
・東地区5球団
・中地区5球団
・西地区5球団
というように、本拠地が地理的に近い球団を5球団ずつ3地区にまとめています。

以下のような構成となっています。

アメリカンリーグ
地区 チーム
東地区 ボルチモア・オリオールズ
ボストン・レッドソックス
ニューヨーク・ヤンキース
タンパベイ・レイズ
トロント・ブルージェイズ
中地区 シカゴ・ホワイトソックス
クリーブランド・インディアンス
デトロイト・タイガース
カンザスシティ・ロイヤルズ
ミネソタ・ツインズ
西地区 ヒューストン・アストロズ
ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム
オークランド・アスレチックス
シアトル・マリナーズ
テキサス・レンジャーズ


ナショナルリーグ
地区 チーム
東地区 アトランタ・ブレーブス
マイアミ・マーリンズ
ニューヨーク・メッツ
フィラデルフィア・フィリーズ
ワシントン・ナショナルズ
中地区 シカゴ・カブス
シンシナティ・レッズ
ミルウォーキー・ブルワーズ
ピッツバーグ・パイレーツ
セントルイス・カージナルス
西地区 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
コロラド・ロッキーズ
ロサンゼルス・ドジャース
サンディエゴ・パドレス
サンフランシスコ・ジャイアンツ

レギュラーシーズンでは、各地区5球団でリーグ戦を行い地区優勝を争う事になります。

※おまけ情報:30球団の本拠地全部がアメリカ国内ではありません。1球団だけカナダが本拠地の球団があります(ブルージェイズ)。


MLBのプレーオフ(ポストシーズン)制度について

アメリカンリーグの地区優勝3チーム、敗者復活の1チーム。
ナショナルリーグの地区優勝3チーム、敗者復活の1チーム。
計8チームがトーナメント形式で争い最終的にMLB全体の優勝チームを決定します。

以下のようにプレーオフが実施されます(※画像は実際のプレーオフの結果ではありません)


現在のMLBのプレーオフは4ラウンド制になっています。
日本人になじみのある言い方をすれば、4回戦まであるトーナメント戦です。


1ラウンド(1回戦)

ワイルドカードゲームと呼ばれていて、敗者復活戦のようなものです。
各リーグごとに
地区優勝できなかった球団の中で、勝率が高い2チームが2ラウンド目への昇格をかけて対戦します。

勝負はわずか一試合です。ここで敗者復活チームが、各リーグ1チームずつ決定します。


2ラウンド(2回戦)

ディビジョンシリーズ(地区シリーズ)と呼ばれます。

各地区の優勝チームとワイルドカードゲームではい上がってきた敗者復活の1チームの計4チームで、3ラウンド目への昇格をかけて争います。

具体的には以下のチーム同士が争います。
・勝率1位の地区優勝チーム 対 ワイルドカードでの復活チーム
・勝率2位の地区優勝チーム 対 勝率3位の地区優勝チーム

5戦3勝制で、先に3勝した方が勝ちとなり、各リーグ2チームが次ラウンドへ駒を進めます。


3ラウンド目(3回戦)

リーグチャンピオンシップ(リーグ優勝決定シリーズ)と呼ばれます。

その名の通り、
ディビジョンシリーズを勝ち上がった2チームが対戦し、各リーグの優勝をかけて争います。

7戦4勝制。先に4勝した方がリーグ優勝チームとなり、4ラウンド目に進みます。


4ラウンド目(4回戦)

ワールドシリーズと呼ばれます。MLBの王座をかけて対戦します。
アメリカ国内(カナダも含まれていますが)リーグなのにもかかわらずワールドシリーズと呼ばれていて、若干腑に落ちない気がしますが、世界中から優秀なプレーヤーがMLBに集まって来ますので、MLB優勝チーム=実質世界一とは言えるでしょう。

ワールドシリーズでは、
アメリカンリーグの優勝チームとナショナルリーグの優勝チームが対戦します。

7戦4勝制で、先に4勝したチームが、MLBチャンピオンとなります。


MLB程の巨大なリーグになると、プレーオフも複雑になり、試合数もかなり多いです。
レギュラーシーズン終了後にもかかわらず、優勝するまで理論上最大20試合かかる計算です。

さすがアメリカ、プレーオフまでビッグですね(笑)。

今年はどのチームが優勝するか?楽しみですね!


【関連記事】
田中将大投手の2017年全成績一覧と次回登板予定日!
田中将大投手の2017年総まとめ!名誉&不名誉な記録のオンパレード!