平昌オリンピックも終盤戦に突入。2月25日の閉会式まで残すところあと数日となりました。
羽生結弦選手はエキシビションにも出場する予定で、戦いを終えた王者のリラックスした演技を見るのもまた楽しみです。

テレビ出演に取材に引っ張りだこの羽生選手ですが、2大会連続金メダルの快挙を成し遂げた直後のラジオ出演で、好きなアニメが『東京喰種』であることが判明!

『東京喰種』とはいったい何なのか、紹介したいと思います。

(ライター:marilyn)

Sponsored Link

『東京喰種』とは?

『東京喰種』とは、日本の漫画作品で、石田スイのデビュー作

現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人間社会に紛れ込み、人肉を喰うことで生きる正体不明の「喰種」(グール)をテーマにした作品です。

上井大学に通う青年・金木(カネキ)。

ある日カネキは女性の喰種・リゼに襲われ瀕死となるものの、直後に起こった鉄骨の落下がリゼに当たったことで捕食を免れ、命も取り留めます。

しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまいます。

それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになるというストーリー。


集英社の発刊『週刊ヤングジャンプ』にて2011年41号より連載を開始。2014年42号まで連載された後、同誌2014年46号より新編となる『東京喰種トーキョーグール:re』(トーキョーグール アールイー)の連載が開始されました。

『週刊ヤングジャンプ』の目玉作品の1つです。

『東京喰種』は、2013年7月と2014年6月および12月には、十和田シンによる小説版が発売されました。

また、2013年8月から9月までデジタル漫画雑誌『ジャンプLIVE』にて番外編(スピンオフ)コミック『東京喰種トーキョーグール [JACK]』(トーキョーグール ジャック)を連載。

羽生選手が好きなアニメ『東京喰種』は、『週刊ヤングジャンプ』にて掲載されていた作品を、2014年にテレビアニメ化したもの

2014年7月より9月までTOKYO MX他にて第1期が放送され、2015年1月より3月まで第2期『東京喰種トーキョーグール√A』(トーキョーグール ルートエー)が放送されました。

第2期は原作者の石田スイがストーリー原案を手がけ、カネキが「アオギリの樹」に参加するという漫画とは異なる展開が描かれています。

そしてなんと!

2018年4月より第3期『東京喰種トーキョーグール:re』が放送予定です。

また東京喰種は2017年夏に映画化もされております。

羽生結弦ファンなら、必見ですね!

放送を楽しみに待ちましょう。


羽生選手、ラジオ放送出演で大興奮!

金メダルを獲得した2月17日の22時30分。羽生選手はラジオ文化放送の「A&G TRIBAL RADIOエジソン」への電話出演がありました。

パーソナリティーの声優・花江夏樹、日高里菜とのやりとりで、羽生選手は大興奮

電話が繋がると、「初めまして!やったー、カネキくーん」とあいさつ。

これは花江夏樹が『東京喰種』の主人公・金木研を演じていることを受けたもの。

羽生選手は人気声優2人との会話に「本当テンパってます。めっちゃ緊張してます。たぶんフリーの時よりも緊張しています」と心境を語り、『東京喰種』は「よく見てます」、「グッズとかも…はい、持ってます」とファンであることを告白。

インタビューが終わった後、羽生選手は「はー」とため息をつき、「2人としゃべれるとは思いませんでした」と感慨深げだったようです。

本当に『東京喰種』の大ファンなのですね。


『東京喰種』の作者 石田スイさんが羽生選手のイラストを投稿!

その漫画の作者である石田スイさんが2月18日、羽生選手のイラストをTwitterに投稿し大きな話題に。

イラストの羽生選手はフリープログラムでの演目である「陰陽師」の衣装で、強いまなざしと氷上を支配する空気を感じさせるイラストとなっており、羽生選手の魅力が余すところなく表現されています。

このイラストです。



まとめ 羽生選手のフィギュアスケート人生は漫画の世界?!

金メダル獲得後の記者会見で、羽生選手が発した言葉。

「開き直るしかないと思っていた。けががひどくて、練習がなかなかできなかった。漫画の主人公にしても出来過ぎなぐらい。でもこうやって金メダルを取って、たくさんの方々に応援してもらって、色んな方々にスケートを見てもらって。こんなに幸せなことはない。人生として考えたら、なんか変だな、と思う」

・ソチオリンピックで金メダル
・2度の世界選手権金メダル
・グランプリファイナル4連覇
・全日本選手権4連覇
・世界記録を12回更新
・度重なる怪我との闘い
・2017年11月に右足首靭帯損傷
・ぶっつけ本番で平昌オリンピックの舞台へ
・66年ぶりの2大会連続金メダル
・その金メダルは、冬季オリンピック通算1,000個目のメダル!

羽生選手のフィギュアスケート人生が、まるで漫画の世界のよう。
あまりにもドラマチックで、漫画にしたら『東京喰種』も顔負けの大ヒット間違いなしですね!

おすすめの記事