社会

幸せとは何か?"世界一貧しい大統領"ムヒカ前大統領の伝えたい事

[本日] 3 views [累計] 2,162 views

WS000036
「世界一貧しい大統領」と呼ばれる、「ホセ・ムヒカ」前ウルグアイ大統領が2016年4月5日から12日にかけて来日し、メディアでも大きく取り上げられました。

ムヒカ前大統領が発したメッセージとは?
私たちは、そのメッセージを受けてどうしていけばよいか?
簡単にまとめてみました。

Sponsored Link

質素な生活を続けるムヒカ前大統領

ムヒカ前大統領の個人資産は、自宅、1987年製のクルマ(フォルクスワーゲン)、トラクター、農地くらいのもので、趣味は花の栽培だそうです。
こんな生活を大統領時代から続けていて、大統領の時の給与の約9割を寄付して、月わずか1000ドルで暮らしていたとの事です。
そんな訳で”世界一貧しい大統領”と呼ばれていました。

さて、そんなムヒカ前大統領は、なぜこのよう質素な生活をするようになったのでしょうか?

ムヒカ前大統領が質素な大統領になるまでの簡単な経緯

ムヒカ前大統領は、幼くして父を亡くし、貧しい家庭で育ったそうです。そして、子供の頃、近くに住んでいた日本人家族に花の育て方を教わり、教わった方法で花を育てて売るなどして、生活を支えていたそうです。

しかし、1960、70年代には、平等な社会を夢見て、極左ゲリラ軍のメンバーの一員となり武装闘争に参加していたそうです!
その間、なんと投獄4回、脱獄2回、銃撃戦で重症を負ったこともあるそうです。
そして結局、1972年から1985年まで獄中生活を強いられたそうです。そのうちの10年間は独房に収容されていたそうです。

本も読めず、孤独に過ごさねばならないという辛い獄中生活を長い間続け、「独房で眠る夜、マット一枚あるだけで私は満ち足りた」と後に述べているように、その獄中生活が、ムヒカ前大統領が質素に生きる原点となったようです。

また、極左ゲリラに加入して、一時期は狂信的な思想を持っていたからこそ「狂信の危うさ」を理解したのだと思います。後に「狂信は必ず異質なものを憎む。異なるものに寛容であって初めて、人は幸せに生きられる」と発言しています。

その後、ムヒカ前大統領は左派政治団体を結成して1995年に当選します。2005年には、農牧水産相として初入閣。
そして、2010年3月より第40代ウルグアイ大統領を、2015年2月まで務めました。

幼い頃の貧しさや、狂信的な思想に駆られた日々、獄中生活での不自由な生活、孤独の中での生活、そういった逆境を経験した事が、幸せとは何かを深く考えさせられ、今の質素なホセ・ムヒカという人物を作り上げたのだと思います。

ホセ・ムヒカ前大統領が一躍有名になった名演説

ムヒカ前大統領は、2012年にブラジルのリオデジャネイロで行われた環境問題に関する国際会議で演説を行いました。各国の首脳が無難なスピーチに終始する中で、歴史に残る名演説となりました。
その時の動画がコチラとなります。
https://youtu.be/jwbaoi6a4BU

この演説の要約はこうです。
・発展途上国が今の先進国と同じような発展を遂げたらどうなるか?

・無限の消費と発展を求める社会では、この地球が維持できなくなるのでは?

・貧乏な人とは、ものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ。

・私たちは発展するために生まれてきたのではない、幸せになるためにこの地球にやってきたのだ。

・根本的な問題は、私たちの今の社会モデルであり、今の生活スタイルを見直さなければならないのでは?

発展そのものが悪いと言っている訳ではないようです。幸せを阻害するような発展はいけないと述べています。
その幸せとは、愛情や、人間関係、子供を育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つことと言っています。

日本にも「足るを知る」という言葉がありますが(元は中国の老子の言葉ですが)、まさにそれですね。現状に満足出来る人は、たとえ貧しくても精神的には豊かで、幸福でいられるという事ですね。
ムヒカ前大統領は、これを実践しています。

残念ながら、現代の日本人でこれを実践できている人はあまりいないでしょうね。
家庭を顧みずに仕事に情熱を燃やす人。
家庭を守るために、毎晩遅くまで残業している人。
仕事は早く終わるものの、収入が少ないと嘆いている人。
などなど。

この演説は、そういった人達が、いったん立ち止まって、幸せとは何かについて考える良いきっかけになるのではないでしょうか?

大けがで満足に動けなくなったり、大切な人を失ったりして、今までの日常がいかに幸せだったかを痛感する事があります。
そうです!何気ない日常に幸せが溢れているはずなのです。

何かを失って気付く、苦しい逆境を経験して気づくではなく、現状に満足して、現状に幸せを見出す事ができたら、今後の人生がもっと豊かになるのではないでしょうか?
と偉そうに言いながら、自分も全然できていないですが(- -;)。


最後になりますが、動画と最近発売された本をご紹介しておきます。

フジテレビのテレビ番組「Mr.サンデー」でムヒカ前大統領をとりあげたていました。
この番組では、ムヒカ前大統領と日本との関わりや、日本人への感動の言葉が述べられています。
https://youtu.be/GIJk2R9Wsog

ムヒカ大統領に関する2016年4月時点での最新の本です。