エンタメ ドラマ・映画 営業部長 吉良奈津子

『営業部長 吉良奈津子』第2話のあらすじと感想!今度は化粧品会社に猛アタック!!

2016/09/26 [本日] 0 views [累計] 99 views

kiranatsuko2
なんとか新しいクライアントが欲しい奈津子。
今回も、同僚たちとあの手この手で顧客獲得にチャレンジします!

マスカラを塗っているところを子どもに邪魔されながら、ママ部長は今日も元気に出社!
いってらっしゃい!!

(Author: あずちん)

Sponsored Link

『営業部長 吉良奈津子』第二話のあらすじ

常務の斉藤から、今月中に一社でも新規のクライアントを獲得しろと厳しい命令が。
部下のことを全く分かっておらず信用もしていないと気づいた奈津子は、一人一人に自己紹介をさせます。

その最中、派遣の今西朋美(中村アン)が自己紹介をしようとすると、保育園から電話が。
息子の壮太くん、頭が痛いと言っているので、急いで迎えに行きます。

壮太くんもママと同じ、がんばっているんですよね。
迎えに行くとケロっとしていた壮太くんですが、子どもってちょっとしたことでも体調に表れる。
慣れないこと続きで、体が追いついていかなかったのかもしれません。

先日の自己紹介で、部下の一人、神崎あすか(足立梨花)に必要以上にダメ出しをしていた奈津子、彼女はなんと神崎酒造という大会社のご令嬢。
奈津子の叱責が厳しすぎて、副部長の米田(板尾創路)に辞めたいとこぼしたそうです。
また、朋美だけ話が途中だったのにすべて聞かずに奈津子が退社したため、そのフォローもしないといけない。

奈津子は二人をランチに誘い、強引に女子会を開催します。
あすかはうざいと顔に書いてあるような表情。
色々な話を一人でする奈津子に、「家庭の愚痴は、自慢って言うんですよ」と冷たく言い放ちます。

せっかくおごってあげたのに、先に帰ってしまったあすか。
自由ですね。若いって。

朋美と歩いていると、ヒトキワ女子たちが群がっているコスメショップを発見。
つけまつげで急成長中の「マイキュート」と朋美が教えてくれます。

奈津子は早速、宣伝販売の責任者、サキ(高橋メアリージュン)に売り込みます。
すると、数日後に行われる「東京コスメフェア」に参加し、超大手の「リナージュ化粧品」よりも多く人を集められたら広告の出稿を考えてもいいと言われます。

イベントは数日後。
さぁ、どうする??

担当は、今まで広告業界を多く渡り歩いてきた朋美に任命。
同僚たちも協力します。

その日の夜、お姑さんが訪ねてきます。
仕事のしわ寄せが子育てに出てはいけないと注意されてしまう奈津子。

仕事の方では、なんと「リナージュ化粧品」の広告を担当するのが同じ会社の高木(松田龍平)率いる第一営業部だと知り、身内がライバルではと手を引こうとする営業開発部の社員たち。
奈津子は、高木と朋美の仲が良いことを利用して、高木の宣伝プランの情報を聞き出すように朋美に命令します。

仕事の上では絶好の機会、でも高木を好きな朋美は、裏切れない、と奈津子に断りを入れに来ます。

やっぱり手を引くべきと再三訴えてきた副部長米田は、奈津子の強引な手法についていけず、「マイキュート」から降りることに。
一方、朋美はなんだかんだ言ってもオリジナルの宣伝プランを考えていました。
それを読み、アイディアが浮かんだ奈津子!

大手が大物ゲストを呼んで集客を狙うなら、それを逆手にとって普通の女の子を呼び、希望する子全員にプロのアーティストがメイクするという案。

さて、コスメフェア当日。
休日なので壮太くんはシッターの坂部深雪に頼み、仕事へ行く奈津子。

大手リナージュは、今年は例年とは大幅にプランを変え、海外の有名ヘアメイクさんをゲストとして呼んでいました。
しかも、抽選で当たった一名にメイクしてくれるというサプライズ付き。

宣伝方法がかぶり落胆する奈津子たち。
でも、何とか挽回したいと担当の今西をはじめ全員が、お客さん一人一人にマイキュートのブースへ来れば希望者全員がメイクしてもらえることを伝え歩きます。

そのかいあって、マイキュートのブースには少しずつ女の子が集まってきます。

一方、奈津子のケータイにシッターの深雪から「壮太くんが腹痛」とメッセージが入ります。
様子を見てくれと返信する奈津子。

それを読んだ深雪は、夫の浩太郎に電話を掛けます。
腹痛?
壮太くんはすごく元気に遊んでいますけど・・・
何を考えているんでしょうか。

ゴルフをしていた浩太郎は、飛んで帰ってきます。

その後、マイキュートの宣伝を懸命にしている社員たちや、メイクしてもらっている輝いたお客さんたちを見て、マイキュートの販売責任者のサキが、奈津子に雑誌広告の出稿を2千万円でお願いすると言ってくれました!

会社に戻り乾杯をしていると、リナージュを担当していた第一営業部の部長が怒鳴り込みに来ます。
リナージュのブースの前で宣伝活動をしていたこと、また、リナージュの宣伝部長にまで声をかけていたことで先方がカンカンに怒っている、と。

常務の斉藤が、リナージュに頭を下げて何とか2億の宣伝プランを辞めてくれるだけで収めてくれたと言います。
2千万の広告をとっても2億を逃したのでは損害と同じ。
落ち込んでいる奈津子のところに高木が来ます。

心のこもっていない同情の言葉をかける高木に、奈津子は「いつかあなたがCMを作らせてくださいと頼みに来るようなクライアントをとって見せる」と宣戦布告。
何事も良いライバルがいると燃えますよね。
落ち込んでいる暇はない!

しかし帰宅後夫の浩太郎から、小さい子がいて、広告代理店の部長は無理なんじゃないかと言われてしまう奈津子。
深雪は不敵な笑みを浮かべながら奈津子たちの住む部屋を見上げています。
今後もっと引っ掻き回されそうな予感。怖いです。

味方のいない、孤軍奮闘状態の奈津子。
今回のお話はここまでです!


感想

第一営業部の部長が来た時に、全ての責任は私にあります、と部下をかばい頭を下げた奈津子。
とても潔く、頼りになるなと思いました。
しかし、3歳の子どもが待っているのに会社に帰って部下と乾杯までしちゃうんだとちょっと驚きも。
夫に働き方を考えた方がよいと言われてしまうのも仕方ありませんね。

重い責任を伴う仕事をするなら、家庭を犠牲にせざるをえないんじゃないか、だからこそ、女性には無理なのでは。
そう思うことはあります。
奈津子はどう切り抜けていくのか、今後楽しみです!

ところでこのドラマ、奈津子のファッションも大きな見どころの一つ。
アラフォー女性の魅力を十分に引き出している、白を基調としたキレイな服装は同世代として是非お手本にしたいです!

次回は深雪がますます奈津子の家庭を壊していくような予感。
お楽しみに!!

【各回のあらすじと感想はこちら】
・第1話のあらすじと感想!育休から復帰したママ部長の奮闘記!
・第2話のあらすじと感想!今度は化粧品会社に猛アタック!!
・第3話のあらすじと感想!ノルマ達成のチャンスなのに孤立!奈津子どう動く?
・第4話のあらすじと感想!お家騒動に巻き込まれ大ピンチ!!
・第5話のあらすじと感想!ノルマ達成の大チャンス!なのに高木が行方不明?!
・第6話のあらすじと感想!開始早々ヒヤヒヤ!!
・第7話・第8話のあらすじと感想!会社との最終決戦!勝つのはどっちだ?!
・第9話のあらすじと感想!
・第10話(最終回)のあらすじと感想!営業開発部は解散?コンペは?奈津子の家庭は?気になる結末を紹介します!