エンタメ 芸能人

『炎の体育会TV』で披露!向井理のサッカー歴は?

2015/09/24 [本日] 0 views [累計] 381 views

soccer
炎の体育会TVで、サッカー5on5対決!
全力で物事に取り込む男、
向井理が美技を連発!
そして超ムキになって、
番組史上まれに見る激戦を繰り広げました!!

そこで、
個人的に気になっている俳優・向井理について、
それと、彼のサッカー歴について調べてみました!

Sponsored Link

何事も全力で取り組む男・向井理!

私が向井理を始めて知ったのは、
ドラマ『のだめカンタービレ』でした。

そのドラマでは、菊地 亨という
ボストン留学中のチェロ奏者役で出演していました。
優秀な演奏者で、全日本音楽コンクールに見事優勝するという役柄でした。

また映画『BECK』では、BECKというバンドの
ベーシスト平義行役を演じていました。
この映画で、改めてかっこいーなー!
と思って気になる俳優の1人となりました。

この時のベースの演奏の仕方を見て、
私自身バンド経験者として、
随分とさまになってるなー!
かなり練習したんだろうなー!
と思った記憶があります。

またドラマ『S -最後の警官-』では、主演・神御蔵一號役を演じました。
神御蔵一號は警官になる前にボクサーだったことがあるという設定で、
役作りのためにボクシングを習っていた事もあるとか...。

勉学にも励み、大学時代は明治大学農学部生命学科で
遺伝子工学を専攻していて研究に没頭していたとか...。

バーテンダーとして6年過ごし、そのプロ意識も強く、
レパートリーはなんと500を超えていたとか...。

これらのエピソードだけでも、何事にも全力で取り組む彼の姿勢が伺えますね!!

向井理のサッカー歴は?

この何事にも全力で取り組む姿勢というのは
サッカーでもあったようです!

というのは、向井理は、高校卒業まで
12年間サッカーをしていたと言われてますが、
中学時代は控え選手であったとも言われています。

中学3年間、控えでありながらも、
サッカーは辞めず、高校でもサッカーを続けたそうです。

特に高校では、サッカー部の練習の為に学校に
通っていた
という本人のコメントがある程なので、
本当にサッカー漬けの生活を送ったのだと思います。

その甲斐あって、2年生の頃にディフェンダー
としてレギュラーの座を得て
、活躍するようになったとの事です。

イケメンで、高身長で(182cm)で、運動も出来て、
全力で物事に集中し努力を続ける事ができ、
そして結果も出してきた男!
なんかずるいですね(笑)!

一部では、”俺について来い”的な性格できっついとか、
酒癖があまりよくないというウワサもありますが。
良くも悪くもはっきりした性格なのだと思います。

現在は、女優の国中涼子と2014年に結婚して、
良き夫となっている事と思います。

これからの活躍も期待しています。