社会

舛添都知事、今度は会議費で家族旅行疑惑!税金逃れ疑惑も!

2016/05/12 [本日] 0 views [累計] 559 views

WS000054
ベッキー問題、湯河原への公用車問題に続き、またもや週刊文集のスクープです!

舛添さんが会議と称してホテルを利用して、実際には家族で利用していたとのホテル関係者の証言を得たとの事です。
これが事実であれば、もうアウトですね!

一体どういう事なのでしょうか?
舛添さんは、色々調べると、問題のある税金の使い方、あるいは節税(税金のがれ)をされているようですので、それらも合わせて紹介しておきます。

Sponsored Link

会議費で家族旅行とはどういう事?!


週刊文集の記事によりますと、舛添さんの政治団体である『グローバルネットワーク研究所』の政治資金収支報告書に以下の報告がなされていたそうです。

・2013年1月3日、千葉県木更津市のホテル「竜宮城スパホテル三日月」にて、会議費用として、23万7755円を計上。
・2014年1月2日、同様に会議費用として13万3345円を計上。


正月三が日から会議とは、誰が集まって、どのような会議がなされたんでしょうね?
という訳で、週刊文集取材班が、直接上記ホテルに取材したところ。

2回とも会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います。」

とのこと。

この証言が事実であれば、政治資金収支報告書に「会議費用」と形状されていることから、正月の家族旅行の費用を政治資金で賄った事になります。

この政治資金の一部は、税金が使われていると思います。
よって、税金の私的流用となりますし、なにより、政治資金規正法違反となる事でしょう。

しかしながら、実はこのようなケースは、企業の節税対策として良くあるのでは?とも思います。

私は、以前ワンマン社長の経営する、中小ベンチャー企業に勤めた経験があります。
その会社は、典型的なファミリー企業で、「法の穴をかいくぐるような違法スレスレの節税を行っている」と当時の経理担当者から聞いた事があります。
その一例として、「社長の家族旅行」で使ったと思われるお金を会社の経費で落としたという事もあげていました。

おそらく多くの企業は、正式な手続きをとり、大なり小なりなにかしらの節税対策を行っているのでしょう。

ただし、正式な手続きを踏んでいても、今回のケースのように虚偽を記載していたらもちろん脱税でしょうし、法律の範囲内でも度を越した節税は、モラルとしてどうなのかとも思います。

今回の舛添さんのケースが事実だとすれば、政治資金の流用で、政治資金規正法違反が疑われますが、それだけでなく、今回のケース以外で舛添さんが行っている節税対策でもモラルが問われる事となるかもしれません。

舛添さんの節税対策とは?


言い方は良くないですが、舛添さんが「税金逃れをしているのでは?」という主旨の記事を以前書きました。

下記のリンクとなります。
パナマ文書と舛添都知事の共通点とは?!どちらも税金にまつわる問題が!
(パナマ文書と無理やり結びつけてしまいましたが、あまり関係ないですね...反省)

簡単にまとめますと、
・舛添さんは湯河原に別荘を持っている
・その別荘は、舛添さん個人所有ではなく『株式会社舛添政治経済研究所』が所有
・その研究所の社長は舛添さんの奥さん(本当に研究されてるのか不明)
・だけど、その研究所の株は、舛添さんが全て所有
・過去には、舛添さんの自宅がその研究所からの賃借の形をとっていたことが問題になった事もあり

つまり、実際は私的な別荘なのに、会社(研究所)という形をとっているので、その会社運営という名目で税金逃れしているのでは?

とか、

会社という形をとっているので、私的に購入したものも含めていろんなものを会社経費で落としているのでは?

などなど、今あげたのは疑いにすぎません。

ですが、少なくとも
これでもかと税金を極力少なくするような努力をしている事がうかがえます。
一般企業ならまだしも、都民への公平な税負担を求める自治体のトップが、このような事をしているというのはどうなんでしょうか??

おそらく舛添さんからは「ルール通りに処理していて問題ない」という答えが返ってくるのでしょうが、「会議費で家族旅行」という事が疑われている人の言葉をどれくらいの人が信用できるでしょうか?

ひとつひとつの節税行為を丹念に調べていけば、違法レベルの課税逃れ行為が発覚しても不思議ではない気がしますね。

まとめ


各メディアの調査、取材によって、本当に様々な「舛添さんのお金にまつわる問題」が表沙汰になっています。
完全な違法行為という訳ではなく、グレーゾーンの問題が多い気がします。

ただ、今回の「会議費で家族旅行」という疑いが仮に事実とすれば、完全に違反で、辞職まで発展する可能性もありますね。

今は、公用車問題や高額な海外出張費問題が大きく取り上げられていますが、徐々に「舛添さんのお金にまつわるグレーな問題」に焦点が移っていくような気がします。

舛添さんの、言い訳ではなく、誠実な説明を期待しています!