エンタメ スポーツ 芸能人 野球

神スイング稲村亜美、始球式で100キロ越え!どれくらいスゴイのか?

2017/04/15 [本日] 21 views [累計] 17,206 views

WS000047
トヨタのCMで『神スイング』を披露して、一躍有名になった稲村亜美さん。
プロ野球の始球式で『神ピッチング』を披露する機会も増えてきました!

これまで稲村さんが、披露した最速の投球は、105キロとなります!

では、女性が球速105キロの球を投げるのはどれ程スゴイ事なのでしょうか?簡単にまとめてみました。

Sponsored Link

まずは、稲村亜美さんの簡単なプロフィールから

名前:稲村亜美(いなむら あみ)
生年月日:1996年1月13日
身長:173㎝



現在は、国士舘大学21世紀アジア学部に通う大学生で、2016年1月から、グラビアアイドル・タレントとして、芸能事務所「浅井企画」に所属しています。

2人の兄が野球をやっていたからという理由で、軽い気持ちでなんとなく(笑)野球を始め、小学校1年から中学3年まで、9年間もの野球経験があるとの事です。中学時代のポジションは、ピッチャーとファーストだったそうです。

そんな稲村さん、2013年には、FRIDAYで発表されたミスiD2014にて、準グランプリに相当するミスiD(アイドル)2014に選出され、翌年には、週刊プレイボーイ×グラドル自画撮り部「第1回ジガドル・グランプリ」吉田豪賞を受賞。

そして、2015年3月に公開されたトヨタ自動車のCM「G's Baseball Party」に出演。

スーツを身にまとったOL風の恰好で、豪快で綺麗なスイングを披露し、そのスイングが『神スイング』と呼ばれるようになり、一躍、注目を浴びることとなりました。

稲村亜美さんが、神スイングを披露したトヨタのCMは下記リンクで視聴可能です。
⇒稲村亜美さんの神スイングCMはコチラ(Youtube)


その後、稲村亜美さん、多くの始球式を務める!


『神スイング』で有名になった後、稲村さんはこれまでに、プロ野球、女子プロ野球、社会人野球、女子ソフトボールなど、多くの始球式で、投球を披露しています。

中学時代はピッチャーとしても活躍していた稲村さん、「神スイング」ではなく、今度は綺麗な投球フォームで「神ピッチング」を披露しています。プロ野球解説者の松沼博久さんが「スタイルが岸(西武)にそっくり」と、言わしめた程です!

ここで、プロ野球公式戦の始球式の様子を動画で紹介しますね。

2015年9月15日「東京ヤクルトvs横浜DeNA戦」

神宮球場でのプロ野球公式戦「東京ヤクルトvs横浜DeNA戦」始球式。

この動画では、球速95キロとアナウンスされていますね。
⇒2015年9月15日の始球式動画はコチラ

2016年4月5日「ライオンズvsファイターズ戦」

西武プリンスドームでのプロ野球公式戦「ライオンズvsファイターズ戦」始球式。

この時の球速は98キロでした。打者の陽岱鋼は、あまりにも良い球で手がててしまったのか、やさしく打ち返しております。
※なお、打ち返してはいけないというルールはありません
⇒2016年4月5日の始球式動画はコチラ

この始球式後、稲村さんは「100キロ届かず本当に悔しいです」とのコメントを残しています。

2016年4月24日「ロッテvsオリックス戦」

プロ野球公式戦「ロッテvsオリックス戦」の始球式。

前回の始球式後に100キロ超えなくて悔しいと言っていましたが、この日の始球式で、稲村さんの投球は103キロを記録!!
念願の100キロ越えを果たし、球場も盛り上がりました!これは、稲村さんがプロ野球公式戦の始球式で披露した最速の投球となります!
⇒2016年4月24日の始球式動画はコチラ

2016年11月23日「稲村亜美 VS 平沢大河 一打席勝負!」

千葉ロッテマリーンズ2016ファン感謝デー「稲村亜美 VS 平沢大河 一打席勝負!」。

始球式ではありませんでしたが、千葉ロッテのファン感謝デーで、平沢選手と一打席勝負を行いました。

フルカウントからの7球目、ボール球でしたが、105キロを記録!本当は四球なんだけど、審判の好判断(笑)で勝手に「ファウル」とジャッジ!最終的に三振で稲村さんの勝利となりました!

動画では105キロ達成したことがわかりませんが、2分54秒の時の投球が稲村さんの最速投球となります!
⇒稲村さんの最速投球はコチラ

さて、この球速105キロという速度、女性としてはどれくらいスゴイものなのでしょうか?


女性投手の球速105キロはどれくらいスゴイのか?

稲村さんは、中学時代に投手経験もあるという事から、100キロを超える球を投げられるのですが、女子投手ではどれくらいスゴイ球速なんでしょうか?

まず、男性の世界最速投手ですが、
カブスに所属する、アロルディス・チャップマン投手が、169.14キロという世界記録をもっています。
日本では、大谷翔平投手が、165キロという日本記録を持っていますね。

女性の世界最速は、公式の記録がなかなか見つからないものの、アメリカのサラ・ハデク投手が、137キロという記録をもっており、おそらく、これが現在の最速投手ではないかと言われております。

女性投手では、130キロを超すこと自体がとてもスゴイことらしく、サラ・ハデク投手は別格なのでしょう。

日本の女子プロ野球の世界では、平均90~120キロとの事で、速球派の投手でも120キロ程度らしいです。

では日本人最速投手は誰かというと、女子プロ野球選手の小西美加投手125キロという記録を持っています。
日本人最速でも130キロにはまだ到達していないという事ですね。

普段観ている(男性の)プロ野球や大リーグでの球速から考えると、105キロという球は遅すぎるという印象ですよね。
ですが、女性投手という観点で見ると105キロは、男性で言うと139キロ位に相当するのではないかと思います。
※単純計算しました。日本人男性最速165キロ、日本人女性最速125キロ。つまり、男性の方が女性より1.32倍速い記録が出ている。よって、女性の105キロは、男性の105×1.32倍=138.6キロにあたります)

139キロというのは平均的な高校野球の投手よりも速いと思います。ですので、日本人の一般男性が139キロの球を投げられるかというと、かなり難しいでしょう。
稲村さんの105キロという球速というのは、それくらいスゴイものなんだという事ですね。

私は男ですが、139キロの球を投げる以前に、全力投球が怖くて出来ないですが...(-_-)。
なので、純粋に「ホントにスゴイ!!」と思います。

まとめ

神スイングで話題になった稲村亜美さんですが、投球の方も素晴らしいですね!!
今は野球関連の事ばかり話題ですが、『神スイング』『始球式』でファンが増えたのではないでしょうか!!

そうなると、今後はもっと違った稲村さんが見てみたいという声も高まり多方面での活躍が期待されますね!!

私も応援していきたいと思います!

気になる方は、公式ブログもチェックしてみてくださいね。
⇒稲村亜美オフィシャルブログ


【関連記事】
⇒世界最速ピッチャーは?日本と世界の球速ランキング!!
⇒始球式の最速記録は?日本とMLBそれぞれの最速始球式!