WS000028
2016年、女子フィギュアスケート世界選手権で優勝したメドベージェワ選手が、演技後のインタビューで、日本のテレビ局に対してのムーンライト伝説の歌詞を歌う(朗読する)というサービスを自ら進んでしてくれました!

日本人としては嬉しい限りですね。
そうなると、メドベージェワ選手についても、
・どんな人なのか?
・日本に対してどう思っているのか?
等気になってしまいますね。

その辺の気になる点、また、ムーンライト伝説を口ずさむ動画も合わせてご紹介いたします。

※なお、本記事は2016年に作成したものですので、記事内容は2016年当時のものです。
当時のインタビュー動画はいつ見ても、初々しくて可愛らしいので、是非ご視聴してみていただけらと思います。

Sponsored Link

まず、メドベージェワ選手の経歴から

本名:エフゲニア・アルマノヴナ・メドベージェワ
生年月日:1999年11月19日(16歳)

ロシアのフィギュアスケート選手です。

3歳の頃から、フィギュアスケートの指導を受けており、2008年9歳の頃から、エテリ・トゥトベリーゼをコーチとして練習を重ねてきました。

その成果は徐々に表れ、
・2011-2012シーズンにはロシア選手権に出場し8位。
・2013年ジュニアグランプリファイナル(福岡)で3位。
・2014年ジュニアグランプリファイナル(バルセロナ)で1位。
という結果を手始めに、

2015年、2016年には、世界ジュニア選手権、欧州選手権、グランプリファイナル等、数々の大会で金メダル!

さらに今回の、世界選手権でも、フリーの世界歴代最高得点となる150.1点をマークし、合計223.86点でSP3位からの逆転優勝!


素晴らしい成績ですね!!
さらに2016年の現時点で、まだ16歳という若さ!

今後もさらに期待ですね。

さて、こんな将来有望なメドベージェワ選手。
一体、どのような形でムーンライト伝説を口ずさんだのでしょうか?


ムーンライト伝説を口ずさんだ経緯

メドベージェワ選手は、演技後の日本のTV曲からのインタビュー中、自ら「日本ファンに喜んでもらえることをしたいのですが」と切り出し、ムーンライト伝説の歌詞を朗読し始めました。

その時の動画はこちらになります!

かわいいですね♪

一体、なぜ、メドベージェワ選手はセーラームーンのムーンライト伝説を
口ずさんだのでしょう?


メドベージェワ選手は日本好き?

メドベージェワ選手は、ロシアのスポーツニュース・サイトや、ラジオ・スプートニクのインタビューで日本好きを明かしています。

その最初のきっかけは『ハウルの動く城』だそうです。

どういう事かというと、本屋でハウルの動く城の本が目に入り、この本の映画が宮崎駿監督の作品であったなと思い出したそうです。

そして、実際にジブリの『ハウルの動く城』の映画を見てとても気に入って、結局、宮崎駿作品を全部見てしまったそうです。

ちなみに、セーラームーンもシリーズ全部見たとの事です。

そして、いまでは「日本の魅力にすっかり取りつかれた」との事で、以下のようなコメントを残しています。

「日本の全てが気に入っている。食も、人も」

日本への愛情が生まれた理由に関しても
「全てがあまりに可愛い」
とのかわいらしい言葉も(笑)。


こういったメドベージェワ選手の日本に対する思い入れが、今回のインタビュー時のムーンライト伝説につながったのではと思います。

日本を好きになってくれるのは、日本人として嬉しいですね(^-^)。

また、同じく女子フィギュアの樋口 新葉(ひぐち わかば)選手とは仲が良いらしく、お菓子などの入った小包を送りあったりしているそうです。


まとめ

どうやら、メドベージェワ選手は、本当に日本の事が好きなようですね。
そうすると、日本人のメドベージェワ選手のファンも増えそうですね!

まだ16歳という若さで将来有望ですし、日本人選手と良い意味で競い合い、
フィギュアスケートをどんどん盛り上げていって欲しいですね!!

【関連記事】
綺麗?汚い?難しい?賛否両論のタノジャンプとは?
メドベージェワが羽生結弦と同じオーサーコーチを選んだ理由とは?

おすすめの記事