エンタメ

おぼっちゃまくん、コロコロアニキにて復活!!コロコロアニキとは?

[本日] 0 views [累計] 637 views

WS000023
今はいい大人になった30代、40代男性が子供の頃、夢中になっていた漫画・アニメ『おぼっちゃまくん』が、なんと、20数年の時を経て、漫画雑誌『コロコロアニキ』で復活する事になったそうです!!

果たして、どんな形で復活を遂げるのか?
コロコロアニキとはどんな雑誌なのか?

について妄想を交えて(笑)、まとめてみました。

Sponsored Link

まずは、おぼっちゃまくんについておさらい

一応、おぼっちゃまくんについての基本情報をここで簡単におさらいしておきますね。

『おぼっちゃまくん』は、『月刊コロコロコミック』で連載されたギャグ漫画です。
1986年~1994年の間に連載されていましたので、30代、40代男性の方は良く覚えていることでしょう!

設定としては、超巨大財閥・御坊コンツェルンの御曹司、御坊茶魔(おぼうちゃま)が主人公で、茶間と下記のメインキャラクター達が織りなすギャグストーリーでした。

・柿野修平(かきの しゅうへい):平凡で真面目な茶間の親友。
・御嬢沙麻代(おじょう さまよ):茶間の許嫁の一人。ヒロイン的存在。
・袋小路金満(ふくろこうじ かねみつ):茶間をライバル視する大金持ちの子息。
・貧保耐三(びんぼ たいぞう):「落ちぶれても元上流家庭」が口癖の、通称「貧ぼっちゃま」。

独特だったのが、茶間語!

自分の事は「ぽっくん」で、語尾には「~でしゅ」「~ぶぁい」を多用。
「おはヨーグルト」「さいならっきょ」「すみま千円」「ともだ○んこ」「いいなけつ」など、
今見るとオヤジギャグ的なもの(笑)、下ネタ的なのも多かったですね。

小学生だった当時を思い出すと、日常的に「茶間語」を駆使し、時には自分たちで茶間語的なものを生み出して会話を楽しんでいましたねー。
特に印象深いのは、下ネタを言っているという感覚もなしに、普通に「ともだち○こ」等の下ネタを女子の前で言ってた気がします(^-^;;。
...が、おそらく、全国どこの小学校でもそんな感じだったろうと思われます(笑)。

おぼっちゃまくんはどのように復活するのか?

さて、20年以上も前に、全国の小中学校で一大ムーブメントを巻き起こしたおぼっちゃまくんですが、どのように復活するのでしょうか?

2016年3月15日に発売された『コロコロアニキ5号』の紙面上で、

2016年7月15日発売の『コロコロアニキ6号』にて、
おぼっちゃまくんが『完全新作描き下ろし』で掲載されると発表されました。

完全新作だそうです!

という事で考えられる設定は以下の二つ。
(1) 当時の設定のまま(キャラクターは小学生)で新しいストーリーが作られる
(2) キャラクターが大人になった新たな設定

個人的には(2)も十分考えられるのではないかと思っています。

その場合、題名は『おそ松さんに影響を受けて、『おぼっちゃまさんになるのかもしれませんね?!

あ、『おそ松さん』とは1988年頃に放映されたTVアニメ『おそ松くん』のキャラクターが大人になって2015年10月に復活したアニメです。

余談かもしれませんが、このおそ松さんの復活に、おぼっちゃまくんの作者小林よしのりさんは以下のように反応しています。

わしの『おぼっちゃまくん』も『おぼっちゃまさん』でアニメやってくれんかな。やるなら、わしが生きてるうちがいいからな。死んでからじゃしょうがないよなあ

はてさて、どのような設定で復活するのか、楽しみですね。

どんな設定で復活するにせよ、下ネタに関する規制は20数年前からかなり厳しくなっていますので、使用される茶間語は大きく影響を受けそうですね…。
ある意味、茶間の使う、ゆるーい下ネタがとても良い味を出していたので、その部分がなくなる事で、おぼっちゃまくんの良さが薄れてしまわないか心配です(笑)。

さて、それでは、復活をかざる『コロコロアニキ』とは一体どんな雑誌なんでしょうか?

コロコロアニキとは?

月間コロコロコミックの、なんと大人版として刊行された漫画雑誌です!
コロコロを卒業した大人もしっかりとターゲットに入っていますので、大人が買っても恥ずかしくない・・・?!

WS000025

<コロコロアニキ5号>

やっぱり、表紙がコロコロに似ているので若干恥ずかしいかも・・・。

コロコロアニキは、月間コロコロコミックの増刊号扱いとなっており、今までに第1号から第5号まで、5冊発売されています。
「四駆郎」「高橋名人」といった昔懐かしの名前がちらほらと出てきますので、是非、昔を懐かしんで読んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

最近、30代、40代男性が熱くなるようなものが結構復活してきていますね!

私個人的には、『ビックリマンシール』と『北斗の拳』がコラボした『北斗のマン』チョコが大ヒットでした。

おぼっちゃまくんも、私と同世代の方々であれば、きっと熱くなる事でしょう!
復活掲載が決定した、2016年7月15日発売の『コロコロアニキ6号』では、おぼっちゃまくんの漫画以外にも『特集記事』が組まれるとの事ですので、気になる方は、是非チェックしてみてくださいね!!