エンタメ 社会 芸能人

2015流行語大賞!50語ノミネート!大賞は8.6秒?クマムシ?五郎丸?それとも...?

[本日] 0 views [累計] 400 views

8.6sec
今年の『ユーキャン新語・流行語大賞』
私が最初に思い浮かんだのは、
『ラッスンゴレライ』『あったかいんだからぁ』『五郎丸』
でした。

次に浮かんだのは、安全保障関連法案です。

今年は、特にコレだ!!という言葉がなかったような気がしますね。
そこでノミネートされた50語をざっくりとカテゴライズしてみました。

Sponsored Link

ユーキャン新語・流行語大賞!ノミネートされた50語を簡単にカテゴライズ!

まずは簡単にですが、ノミネートされた50語をカテゴリー分けしてみました。
政治に入るかどうか判断が難しい言葉などもありましたが、あまり堅苦しく考えず分けてみました。
変な分け方をしているところがありましたらすみません。ご容赦ください。

[安倍政権批判関連]
・アベ政治を許さない
・戦争法案
・自民党、感じ悪いよね
・国民の理解が深まっていない
・とりま、廃案
・シールズ(SEALDs)
・I am not ABE
・早く質問しろよ

[政治関連]
・1億総活躍社会
・テロに屈しない
・大阪都構想
・粛々と
・駆けつけ警護
・存立危機事態
・切れ目のない対応
・レッテル貼り

[芸能]
・ラッスンゴレライ
・あったかいんだからぁ
・安心して下さい、穿(は)いてますよ。
・福山ロス(ましゃロス)
・まいにち、修造!
・火花
・はい、論破!
・ドラゲナイ

[スポーツ]
・五郎丸ポーズ
・ルーティン
・トリプルスリー

[東京オリンピック関連]
・エンブレム
・白紙撤回
・上級国民

[その他]
・マイナンバー
・サードウェーブコーヒー
・おにぎらず
・爆買い
・インバウンド
・ドローン
・北陸新幹線
・刀剣女子
・ラブライバー
・アゴクイ
・プロ彼女
・結果にコミットする
・I AM KENJI
・下流老人
・チャレンジ
・オワハラ
・スーパームーン
・ミニマリスト
・モラハラ
・フレネミー

ノミネートされた言葉の傾向は?

さて、上記のように分けてみましたが、こうしてみると、政治がらみの言葉が16個(32%)となり随分と多いですね。
さらにその半分、つまり、全体のうち16%が安部政権に対する批判的な言葉が入っているのが印象的ですね。

また、芸能からは8語(16%)がノミネート。昨年の『ダメよ~』に引き続き芸能からの大賞も期待されますね!

全体的には、今年は政治的に大きな動きがあった年なので、政治ワードが入るのは理解できます。
しかしながら、個人的感覚では、本当に流行したと感じたのは50個中、10個にも満たないです。

例えば、『サードウェーブコーヒー』『おにぎらず』『フレネミー』はほんとに初耳でした。
また、『チャレンジ』って何の流行語かまったくわかりませんでした。

私の情報不足が原因なのか?
それとも、そもそもさほど流行していなかったのにノミネートされたのか?
ちょっと気になりますね。

毎日、ニュースを見るだけでは得られない流行もあるということでしょうかね...。

流行語大賞の決定方法は?

ところで、少しばかり政治的に偏った言葉がノミネートされているようなので、ノミネート方法、及び、年間大賞の決定方法を調べてみました。

まずwikipediaでは、『読者アンケートでノミネートされる』と記載されています。
一方で、流行語大賞のウェブページを見ますと、

『現代用語の基礎知識』編集部がノミネート語を選出。

とあります。

つまり、ある書籍の編集部が、読者アンケートを基にノミネート語を選出しているという事なので、編集部員の介入による偏向の可能性は排除できないですね。
とはいえ、アンケートの結果が濃く反映されると思いますし、先日の安全保障関連の反対の割合も考えると、さほど偏向しているとは言えないのではないでしょうか?

問題は、年間大賞についてです。
流行語大賞のウェブページでは、

選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。

とあり、その選考委員7人が紹介されております。

その7人とは、
姜尚中 さん(東京大学名誉教授)
俵万智 さん(歌人)
鳥越俊太郎 さん(ジャーナリスト)
室井滋 さん(女優・エッセイスト)
やくみつる さん(漫画家)
箭内道彦 さん(クリエイティブ・ディレクター)
清水均さん(『現代用語の基礎知識』編集長)
です。

おそらく、わかる方はわかると思いますが、これまでのメディアでの言論を聞く限り、政治的な思想が少しばかり偏っている方々と感じます。偏り方が、左、右、中立という風にばらけていればまだ良いのですが、そうではない気がしますね。

そういったこともあってか、昨年2014年の流行語大賞は、『集団的自衛権』と『ダメよ〜ダメダメ (日本エレキテル連合)』でした。
で、昨年の授賞式で、やくみつるさんが、「大賞の2語を並べるとメッセージを発している」というような発言をしています。
こういったところでの政治的主張は控えて欲しいところですが...。

そういった現実を踏まえた上で、今年の大賞を予想してみました。

2015年流行語大賞の予想!

個人的には、以下がトップテンになると予想してみました!!

1.ラッスンゴレライ
2.戦争法案
3.五郎丸ポーズ
4.大阪都構想
5.爆買い
6.福山ロス(ましゃロス)
7.あったかいんだからぁ
8.エンブレム
9.マイナンバー
10.ドローン

正直、私は「ラッスンゴレライ」はあまり面白く感じていません。
でも最初に思いついた言葉がコレでした(笑)。良くも悪くも流行になった言葉に間違いはないでしょう。

「戦争法案」については、「これは無いな!」と最初思ったのですが、実際にニュースを賑わせた言葉に間違いは無く、かつ、選考委員の方々の思想を考えるとコレが上位にくるかなと思いました。

「五郎丸ポーズ」は、動作を単語で表すのも良いのでしょうか(笑)?とはいえ、多くの有名人や一般の方が、あのポーズを真似ていて大きな話題となりましたし、今でも大注目人物です!これも上位にくるのではないでしょうか。

大賞の発表は2015年12月1日です。

さて、どれくらい当たるか楽しみです。