平昌オリンピックが閉幕しました。

フィギュアスケート女子シングルではロシアの2選手がそれぞれ金メダルと銀メダルを獲得。

ソチオリンピックでもロシア選手が金メダルを獲得し、ここ2大会はロシア勢の圧倒的な強さを見せつけられました。

その興奮冷めやらぬまま、3月7日より世界ジュニアフィギュアスケート選手権が開催され、今シーズン全日本フィギュアスケート選手権初出場にして銅メダルを獲得した紀平梨花選手が出場します!

2022年に開催される北京オリンピックへの出場選手を占うのに、今後4年間のジュニア選手の成長ぶりは要チェックです!

(ライター:marilyn)

Sponsored Link

紀平梨花選手VSロシア勢

シニアのみならず、ジュニアでもロシア勢の台頭は目覚ましいものがあります。

今シーズンのジュニアグランプリファイナル(名古屋)において、紀平選手は総合4位で終わりましたが、出場選手6名のうち紀平選手以外は全員ロシア選手でした。

優勝したアレクサンドラ・トゥルソワ選手(13歳)は、アリーナ・ザギトワ選手、エフゲニア・メドベージェワ選手と同様エテリ・トゥトベリーゼコーチに師事。

2月の公式大会で4回転サルコウを決め、世界ジュニアフィギュアスケート選手権でも4回転ジャンプに挑むことを表明しています。

トゥルソワ選手以外にも、エテリ組の小さな原石が続々と控えており、紀平選手がロシア勢に勝つためには、どのような作戦が必要なのでしょうか。


カギはトリプルアクセル+トリプルトウループと出来映え点

紀平梨花選手の強みは、ジャンプの最高難易度であるトリプルアクセルを跳べること。

この難しいジャンプを、主要な大会で成功させています。

【2016-17シーズン】
・ジュニアグランプリシリーズ リュブリャナ杯(スロベニア)のフリーで女子史上7人目となるトリプルアクセルを成功

【2017-18シーズン】
・ジュニアグランプリファイナル(名古屋)のフリーでISU(国際スケート連盟)公認大会女子史上初のトリプルアクセル+トリプルトウループを成功

・全日本ジュニア選手権ではフリーでトリプルアクセル+トリプルトウループ+ダブルトウループを含むトリプルアクセルを2度成功させ、ショート6位からの大逆転優勝。

・全日本選手権では、ショートで単独のトリプルアクセル、フリーでトリプルアクセル+トリプルトウループのコンビネーションジャンプと単独のトリプルアクセルを着氷。

ショート、フリーと1大会で3本のトリプルアクセルの成功は、ギネス世界記録にもなっている、2010年バンクーバー五輪での浅田真央さんの持つ記録以来の偉業!

トリプルアクセルを完全に武器にした紀平選手。出来映え点でも全日本選手権のショートプログラムでは1.43点の加点が付くトリプルアクセルを跳びました。

紀平選手のジャンプは癖のない、基本に忠実なジャンプなので、これから練習を重ねれば出来映え点の更なる積み上げも可能だと思います。

これは、平昌オリンピックで羽生結弦選手が4回転ジャンプの構成を他の選手よりも難易度の低いサルコウとトウループで構成したにもかかわらず、出来映え点で加点を積み上げ金メダルを獲得したことと共通すると思います。


ロシア勢に勝つためには?

平昌オリンピックでは、宮原知子選手がショート、フリーとも素晴らしい演技で魅了し、自己ベスト更新であったにも関わらずロシア勢の厚い壁に阻まれました。

近い将来、トゥルソワ選手だけでなく、ロシアの複数の選手が4回転ジャンプを組み入れてくることでしょう。

紀平選手がロシア勢に対抗するためには、トリプルアクセル+トリプルトウループのコンビネーションジャンプを武器に、それぞれのジャンプにおいて出来映え点のかさ上げが求められます。

更に、技と技のつなぎや表現力に磨きをかけ、総合力をつける必要があると思います。

また、2017年7月の全日本ジュニア合宿で、4回転サルコウを着氷させている紀平選手。4回転トウループとともに練習しているようで、公式試合で跳べるようになれば、ロシア勢に対抗する活路が見いだせるのではないでしょうか。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権は、オリンピックやグランプリシリーズなどに出場するシニア世代への登竜門とも言うべき大事な大会。

毎年、世界各国の次世代を担うエースの卵たちが表彰台に上がっています。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権で金メダルを獲得した主な日本人選手
【男子】
2002年:高橋大輔
2005年:織田信成
2006年:小塚崇彦
2010年:羽生結弦
2015年:宇野昌磨

【女子】
2004年:安藤美姫
2005年:浅田真央
2010年:村上佳菜子
2016年:本田真凜

そうそうたる顔ぶれ!
ジュニアを制する者はシニアも制す。

紀平選手ならロシア勢を制し、北京オリンピックで表彰台に上がるのもあながち夢ではないかも?!

紀平選手の成長を楽しみにしています!


【世界ジュニアフィギュアスケート選手権のテレビ放送(予定)】
★フジテレビ(録画放送)
3月12日(月)
1時55分~2時55分

★BSフジ(録画放送)
3月17日(土)
15時~16時55分

【関連記事】
紀平梨花、史上初のコンビネーションジャンプ!難易度はどれくらい?
女子にも4回転時代到来?!アンナ・シェルバコワの4回転は神業!
アレクサンドラ・トゥルソワ!4回転サルコー跳ぶロシアの13歳!
須本光希 憧れは羽生結弦!趣味や性格についてまとめました!

おすすめの記事