エンタメ ドラマ・映画 芸能人

石原さとみ『アンナチュラル』校閲の次は解剖医!文系女子から理系女子に大変身!!

[本日] 0 views [累計] 114 views



石原さとみさん主演のTBS系金曜10時枠ドラマ「アンナチュラル」が1月12日(金)から放送がスタートします。

今回、石原さとみさんは法医解剖医という役を演じます。

脚本に「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子さんを迎え、「リバース」などを手がけたスタッフさんたちで制作を行うようです。

では、ドラマ「アンナチュラル」はどんなキャストでどんなお話なのか調べてみました。

(ライター: Sachi)

Sponsored Link

ドラマ「アンナチュラル」のあらすじは?

石原さとみさん演じる主人公の三澄ミコトは法医解剖医で、死因究明のスペシャリストの1人。

ミコトは「不自然な死」を放置することを許せないと思っている。

そんなミコトが勤めているのが「不自然死究明研究所」=「UDIラボ」です。

UDIラボには日々、不自然な死を遂げた死体が運び込まれます。そんな死体を法医解剖医のミコトたちが解剖し、死因を突き止める為に奮闘をします。

不自然な死に対して裏に隠された、偽装殺人・未知の症例・医療ミスなどさまざまな真実を追求することは『未来の誰かを救命する』とミコトは思っているからです。

ドラマ「アンナチュラル」はそんな医師たちの1話完結法医学ミステリーとなっているようです。


そして、石原さとみさんのコメントに

「台本を読んで思ったのが、『死』を扱っていながらとても『生』を感じること。ミコト自身が今をちゃんと生きているんですよね。彼女の生きる逞しさやしぶとさに、私自身いい影響を受けています。(中略)テンポの良い会話劇なので人間ドラマが魅力的な明るい法医学ミステリーだと思います。」

とあります。

石原さとみさんの役での会話はいつもテンポのいい役が多いように思います。

今回もテンポが良く、明るく、人を元気にしてくれるような、また、石原さとみさんを見て、解剖医に憧れを持てるような魅力的な三澄ミコトを演じてくれるのではないかと、今から楽しみです!



ドラマ「アンナチュラル」のキャストは?

三澄ミコト・・・石原さとみ
法医解剖医。人の「生の権利」が脅かされることを嫌う。

中堂系・・・井浦新
法医解剖医。態度と口が悪い。
ミコトともよく対立し、ぶつかり合う。

久部六郎・・・窪田正孝
三澄班の記録員で大学生。解剖時の写真撮影などをする。推理と行動力を発揮するが・・・。

東海林夕子・・・市川実日子
三澄班の臨床検査技師。
仕事よりプライベート重視。ミコトとは監察医務院からの同僚。

木林南雲・・・竜星涼
UDIラボに出入りしている葬儀社の社員。
中堂と関係があるようだが・・・。

坂本誠・・・飯尾和樹
中堂班の臨床検査技師。
常に中堂に怯えながら仕事をしている。

三澄夏代・・・薬師丸ひろ子
ミコトの母。
竹を割ったようなサバサバした性格。弁護士。

神倉保夫・・・松重豊

UDIラボの所長。
常にUDIラボの存続に危機感を抱いている。

以上のようになかなかの個性豊かで魅力的な俳優さんたちですね。


ドラマ「アンナチュラル」の主題歌は?

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌は米津玄師さんの『Lemon』 です。

米津玄師さんは1991年3月10日生の26歳。徳島県徳島市出身です。
ミュージシャン、シンガーソングライター、イラストレーター、ビデオグラファーと多才でな方です。

昨年上映された映画「打ち上げ花火、下から見るか?上から見るか?」では、女性ラップシンガーDAOKOさんとコラボレーション楽曲『打上花火』を出しているようです。

米津玄師さんはドラマの主題歌を担当するのは初めてとのこと。
そしてドラマ「アンナチュラル」のために書き下ろした新曲!

どんな風にドラマ「アンナチュラル」を彩ってくれるのだろうと、こちらの方もワクワクしますね!


石原さとみさん主演のドラマ「アンナチュラル」、解剖医というこれまでにない役柄をどう演じてくれるのか、とても楽しみです!!