生活 自動車

東名高速と東北道が圏央道で接続!ドライブスポットのご紹介!!

2016/08/23 [本日] 5 views [累計] 3,907 views

highway
2015年10月31日、東名道と東北道が遂につながります!
これで、これまでは時間がかかっていたために敬遠していた有名観光地へも、だいぶ行きやすくなると思います!

具体的には、東京西部や神奈川エリアにお住まいの方は、那須高原や日光エリアに行きやすくなります。
また、埼玉や北関東エリアにお住まいの方は、湘南、鎌倉、横浜エリアに随分と行きやすくなりますね。

という訳で、今回、東名高速と東北道の接続することで、アクセスが容易になる
新たなお出かけスポットのご紹介をしたいと思います。

Sponsored Link

今回の圏央道の開通区間は?

まずは、今回の開通区間について、軽くお話ししたいと思います。
圏央道の桶川北本IC~白岡菖蒲IC間が、10月31日に開通することが国交省より発表されました。
同区間の開通によって、遂に東北道、中央道、東名高速がつながる事となりました。

kenodo

これで都心部を経由せずに、東北エリアと関西・中部エリア間のアクセスが可能となりました。

この効果は、上記エリア間の移動時間の短縮、都心部の渋滞の低減、企業立地の促進等、非常に大きいと思います。

具体的に、どれくらいの時間短縮になるかというと、
これまでは、東名道の海老名JCTから東北道の久喜白岡JCTまでは、都心経由で130分程かかっていました。
これが、圏央道経由により75分となり、55分も短縮されることになるそうです!

開通により有名観光地が身近に!!

今回の開通により、埼玉、北関東エリアに住んでいる方と、東京西部、神奈川エリアに住んでいる方が、圏央道をの利用によって、短時間での行動範囲が広がり、簡単にアクセスできる有名観光地が増える事となります。

この開通をきっかけに、それら観光地にドライブの計画をたててみてはいかがでしょうか?

という事で、有名観光スポットを紹介していきたいと思います。

那須高原エリア

那須高原は、東北道エリアの軽井沢のような所なので、本当にたくさんの見どころがあります。
最初に立ち寄る目的地によって、以下のICを使うことになると思います。

西那須野塩原IC
黒磯板室IC
那須IC

主な見どころとしては、以下のようなところがあります。
動物系のテーマパーク、牧場が多いですね。

『那須サファリパーク』
野生に近い環境の動物達をマイカーで眺める事ができます。

『那須どうぶつ王国』
いろんな動物と触れ合える事ができます!!

『那須ワールドモンキーパーク』
おサルさんと触れ合うだけじゃなく、ゾウさんにも乗れちゃいます!

『那須アルパカ牧場』
癒し系のアルパカと触れ合えます♪

『南ヶ丘牧場』
無料で楽しめます!また、低料金で、ウサギとお散歩できたりポニーに乗れたりできます。

『那須りんどう湖 LAKE VIEW』
やさしい乗り物多数。子連れのファミリー向けですね。

『那須ハイランドパーク』
こちらはバラエティに富んだジェットコースターがお出迎え。

『那須ガーデンアウトレット』
ショッピングも楽しめますね♪

それ以外の主な見どころは下記Webサイトでチェックしてみてくださいませ!
https://www.rurubu.com/sight/list.aspx?MeshCD=090801

日光エリア

東北道の宇都宮ICで、日光宇都宮道路(日光道)という有料道路に乗り換えます。
そして、最初の目的地によって以下の出口を使う事になります。

今市出口
日光出口
終点の清滝出口


日光エリアは自然を眺めて満喫するというスポットが多いですが、
以下のようなテーマパークもあります。

『東武ワールドスクウェア』
世界遺産等のミニチュア模型が楽しめます。

『日光東照宮』
こちらは本物の世界遺産です。

『日光江戸村』
江戸時代へタイムスリップできます。

他の主な見どころは下記Webサイトでもチェックしてみください。
http://find-travel.jp/article/14872

高尾山


『高尾山』
今回つながった東名高速と東北道のだいたい中間地点にあたる場所ですね。
東北道からアクセスしやすくなりました。
という訳で、世界一の登山客数を誇る『高尾山』を紹介しておきたいと思います。

高尾山は、全くの登山経験がないハイキング気分の方から、登山好きの方まで幅広く満足できるスポット満載です。
自然を満喫しながらも、ところどころにある茶屋で、食べ歩きもできますし、おいしいお蕎麦屋さんもあります。

ココロもカラダもオナカも満足できる場所です。

鎌倉・湘南エリア

個人的なオススメは、圏央道から新湘南バイパスに乗り換えて、藤沢ICで降りて、江ノ電の駐車場へ。
ここでパーク&ライドを利用すれば、
駐車料5時間分と江ノ電乗り放題チケット大人2枚付きで1500円!!
休日は渋滞するので、移動は江ノ電+徒歩がオススメです。
江ノ電のパーク&ライドの情報はコチラ
http://www.enoden.co.jp/toku_ticket/parkrail.htm

また、江ノ電駐車場が満車の場合を考えて、鎌倉エリアの他のパーク&ライドをチェックしておいた方が良いかもですね。
以下のリンク内でまとめてあります。
http://matome.naver.jp/odai/2139979258402341301

で、このエリアの代表的なスポットとしては、以下のような感じですね!

『新江ノ島水族館』
定番の水族館。夜は”ナイトワンダーアクアリウム2015”というイベントを開催中!
デジタルと水族館の融合で、面白い体験ができます!!

『江ノ島』
湘南の代表的スポットですね!

『鶴岡八幡宮』
鎌倉駅から、『小町通り』という両サイドにずらーっとお店が並んで、食べ歩きやショッピングが楽しめる楽しい通りがあります。
人の流れに沿って小町通りを抜けると鶴岡八幡宮に到着です。

『鎌倉大仏殿高徳院』
あの鎌倉の大仏さまですね!

『国道134号線』
せっかく湘南までクルマで来たのなら、海沿いの134号線沿いのドライブがオススメです!!
ただし、激しく渋滞する箇所でもあるので、込む時期や時間帯に注意する必要ありです。

他の主な見どころは、下記Webサイトでもチェックしてみてくださいね♪
http://find-travel.jp/article/5040


これまで、時間がかかることで敬遠していた場所でも、魅力的な場所はたくさんあります。

せっかくより短い時間でアクセス可能になったのであれば、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

【高速道路の関連記事】
渋滞発生の決定的瞬間の映像!!渋滞の原因と緩和の方法は?