音楽

最近の邦楽がわからないあなたへ!タイプの違うおすすめアーティスト3選!

2017/09/25 [本日] 1 views [累計] 21 views


昔の曲ばかりを聴いていて、最近の曲にすっかり疎くなってしまった…。昔の曲も良いけど、最近の流行りもチェックしておきたい!

そんなこと思ってませんか?

そんなあなたに、最近流行している邦楽曲やおすすめのアーティストをお教えします。

(ライター: てぇせら)

Sponsored Link

最近の流行りは?

映画の主題歌や、ドラマの主題歌に使われた曲が人気のようです。

去年大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌「恋(星野源)」は、2017年9月現在まだランキングの上位に入っているロングランです。

星野源さんの曲は他にも、「過保護のカホコ」の主題歌に使われている「Family Song」もランキングの上位です。

Mr.childrenの「HANABI」は、リリースこそ時間が経っていますが、「コード・ブルー」の主題歌に起用され、上位に浮上してきています。

さて、ここからはおすすめのアーティストを紹介していきます。


その1.「AAA」

伊藤千晃さんが卒業して、6人体制になって最初の曲は「No Way Back」です。

白を基調とした衣装のメンバーが踊ったり歌ったりするMVはとても爽やかで、曲調はスタイリッシュです。ところどころ出てくるライオンもインパクトが大きいです。

AAAは「スーパーパフォーマンスグループ」と称されていることから、歌ったりはもちろん、メンバーそれぞれが歌手以外でも活動したりと、非常にマルチなグループです。

最近の代表曲と言えばドラマ「奪い合い、冬」の主題歌に使われた「MAGIC」ですね。


その2.「米津玄師」

ボーカロイドの作詞作曲も「ハチ」という名前で手かがています。イラスト、作詞作曲、動画の編集まで全て一人で行っているので、とても凄いですね。

曲調はバラードもあり、ロックもあり、どれを聴いても「ああ、”米津玄師”って良いな。」となる気がします。バラード系の歌詞は胸にグッと来るものがあります。メロディーもなんだか悲しくなってきますが、逆にそこが魅力でしょう。

最近の代表曲は、アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマの「ピースサイン」ではないでしょうか。

その3.「SEKAI NO OWARI」

「SEKAI NO OWARI」というバンド名はFukaseさんが命名したもの。

「世界が終わったような生活を送っていたけど、そこに残されていたのが音楽と今の仲間だったから、終わりから始めてみよう」という想いからつけたそうです。

略称は「セカオワ」。メンバーのFukaseさんいわく、「ロック」ではなく「ファンタジー」とのこと。

キラキラしたメロディーと、Fukaseさんの優しい声がとても印象的なバンドです。

「Dragon Night」が「ドラゲナイ」に聞こえるという空耳が話題になり、セカオワが一躍有名になりました。最近の代表曲は、アニメ映画「メアリと魔女の花」に起用された「RAIN」ですね。


まとめ

以上、今人気の邦楽曲とおすすめのアーティストを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

あなたが気になるものはありましたか?是非、YouTubeで聴いてみてくださいね。

そして、関連動画でもあなた好みのものが見つかって、視野が広がることを祈っています。あなたが音楽鑑賞をもっと好きになれますように。