スポーツ 陸上

桐生か?高瀬?サニブラウン?日本人初の100m走9秒台は誰の手に?

2016/08/23 [本日] 1 views [累計] 1,090 views

100m track
2015年9月12日、日本学生対校選手権にて、桐生祥秀選手(東洋大)が10秒19で優勝しました!
桐生は右太ももの肉離れで戦線離脱しており、4ヶ月ぶりの復帰レースとなりました。

ひさしぶりでも、他社をよせつけない圧倒的強さで優勝!
さすがです!

今後、彼が出場する100mで、9秒台がでるかどうか?!
非常に気になりますね!!

そうなると、他にも9秒台を狙える日本人がいないか気になりましたので、まとめてみました!

Sponsored Link

日本人のこれまでの100m走の記録は?

まずは、これまでの日本人の100m走のランキングです。

1.10秒00: 伊東浩司 :1998年12月13日
2.10秒01: 桐生祥秀 :2013年4月29日
3.10秒02: 朝原宣治 :2001年7月13日
4.10秒03: 末續慎吾 :2003年5月5日
5.10秒07: 江里口匡史:2009年6月28日
5.10秒07: 山縣亮太 :2012年8月4日
6.10秒09: 塚原直貴 :2009年6月27日
6.10秒09: 高瀬慧 :2015年5月11日
8・10秒11: 川畑伸吾 :2000年9月2日
9.10秒13: 田島宣弘 :2002年5月6日

なんと、桐生はこれまでの日本陸上界の歴史の中で、
10秒01という2位の記録を持っています!!

1位記録保持者の伊東浩司は、現在は選手ではなく、指導者として活躍していますので、この記録を見る限り、現時点で一番9秒台に近い
日本人は、桐生と呼べると思います。

現在9秒台を狙える日本人は?

実は、桐生はすでに9.87秒という日本人最速記録持っています!!
とはいっても、残念ながら、これは追い風参考記録です。

公式記録ではないけども、桐生はすでに100m9秒台を体験済みの日本人です!

公式記録として9秒台を出すのは時間の問題かもしれませんね!!

これに対して、待ったをかける選手がひとりいました。
高瀬慧選手(26)です。
彼は2015年5月に10秒09をマークしたばかり!
それに、なんと手動計時では練習中に9秒台を複数回たたき出しているとの事!
彼の9秒台も期待大ですね!!

他のランキング内の日本人では、ここ最近9秒台を狙えるような
記録を出している人は他におらず、この二人が9秒台争いを演じそうですね!

期待の新人サニブラウン現る!!

9秒台を今すぐ狙える!と言うわけではありませんが、
ここ最近、彗星のごとく現れた超期待の新人がいますね。

サニブラウン・アブデル・ハキーム

です。
父親がガーナ人、母親が日本人のハーフですね。

彼の100mの自己ベストは10秒28ですが、なんと彼はまだ16歳の高校生!!
実はこの記録は、高校一年時の桐生の記録とほぼ同じ。
サニブラウンの記録も桐生のようにこれからどんどん伸びていく事が期待されます!!

サニブラウンの動向にも要注目ですね!!