生活 育児

子どもに大人気の習い事「英語」についてまとめました!

[本日] 1 views [累計] 51 views


子どもの習い事の中で今、最も注目されていると言っても過言ではない「英語」。
グローバル化が進み、国際社会の一員として「世界共通語」とも言える英語を学ぶことは、必要不可欠ではないでしょうか。

小学校で英語の授業が始まり、より一層需要の高まる英語教育。
親として、子どもの選択肢の幅を少しでも広げてあげたいという思いもあるでしょう。

国内外で広く活躍してほしい、また、親である自分が英語ができず苦労したため、子どもにはその苦労を味合わせたくないと英語を習わせることを考えている人も多いようです。

幼少期から英語を習っていると言ってもそれだけでバイリンガルになれるわけではありません。
周りの環境や親の教育も必要。
英語を習う目的や理由は様々ですが、まずは子どもが英語に興味を持つことが大切でしょう。

そんな習い事としての英語について、いつから始めるのが良いか、年齢ごとのメリットや、幼少期の英語教育のデメリットなどまとめました。

(Author: あずちん)

Sponsored Link

いつから始めるのが良いか

0歳~2歳から

赤ちゃんの耳は1,2歳で母国語を認識し始めると言われています。
すると母国語にない発音は認識できなくなっていきます。

英語には日本語にない音がいくつもあります。
耳を養うと言う意味では最も適した時期ですね。

成長していくにつれて認識しようにも時間がかかっていくことを考えると、特に発音に関しては赤ちゃんの頃に英語に触れさせてあげるのは効果的と言えるでしょう。

より簡単に英語の音を聞き分けられ、発語できるようになったときに正しい発音に結びつくからです。
日本語を覚えていく過程で一緒に英語を覚えていくことができ、脳が自然と英語を受け入れてくれるでしょう。


3歳頃から

この頃から英語を始める人が増えています。
幼稚園でいうと年少さん、親と離れ、集団の中で行動することがだんだんとできるようになってきて、習い事を開始しやすい年齢でもあります。

レッスンと言っても歌やダンスがほとんどのこの時期。
動物の絵を見て動きを真似ながら名前を覚えたり、簡単なゲームで遊びながら英語を使っていきます。

先生はほぼ英語しか話さなくても、不思議と子どもたちは分かるようですね。
体をめいいっぱい動かしながら大きな声で何度もリピートしていくうちに、いつの間にか覚えていきます。

恥ずかしさもないので、発音は聞こえた通りにできる子も多いでしょう。
何よりも、英語=楽しいと感じてもらえれば御の字ですね。

この頃から下積みをしておけば、本格的な学習が始まっても苦手意識を持たずに授業を受けることができます。
いわゆる「お勉強」ではないためやらされた感がない、楽しい遊びの延長として子どもの中で位置づけられそうです。

まだ「読み・書き」がなく「聞く・話す」が中心の学習なので、母国語と同じような感覚で身につきやすいでしょう。


デメリットはあるのか?

母国語である日本語以上に英語が発達することはありません。

幼少期にはまず母国語での語彙力や表現力を身につける方が先という考える人も多いようです。

また、自発的に学習しているわけではないため過度の期待をかけたり、プレッシャーを与えたりすることには注意しなければなりません。
英語を仕事にしている人でも幼少期から習っている人ばかりではありません。
必要になったら自分で学習するものです。

決まった曜日、時間に必ず行かなければならないというのは親にも子にも負担がかかります。
子どもは元来気分屋さん。
行きたくないときもあるに決まっているし、ママやパパと一緒にいたい時もあるでしょう。

私も自分の子どもに体操教室を習わせていますが、行きたくないと言うことがたまにあります。
無理矢理連れて行くと集団の中に混ざらず先生からも逃げ回り、周りに大変な迷惑をかけます。

なので、それ以来30分以上前に着くように行き、同じく早めに着いている友達と遊ばせながら場所に慣れさせ、時間になったらスーッと中に入ることのできるよう配慮しています。
移動も含めると2時間くらいかかり、それが毎週のこととなると親も疲れてしまいます。

子どもが小さいと親も必然的にやることが多く、余裕がないと他のことがおろそかになってしまうかもしれません。

英語に限ったことではありませんが、子どもが習い事に行くのを嫌がっている場合、お金をかけていると思ったらもったいないという気持ちが働き、無理矢理連れて行ってしまいがちです。

そんな時にポンと教室に置いていかれたら子どもは寂しさが先立ち、気持ちを切り替えられず楽しむことができないこともあります。

強制的にならず、うまく楽しんで通ってもらうように誘導するのは親の役目です。


まとめ

小さいうちの習い事は「おうちの人と一緒に楽しむ」のが鉄則。
どんなに良い教材があって良い先生がいても、レッスンの間だけでは上達しません。

家庭での復習や反復練習が大切。
親も一緒になって普段の会話の中に英語を取り入れ、たくさんの言葉を使っていきましょう。

発音がカタカナ読みでもいいのです。
CDなどをBGM代わりに聴かせ、歌ってあげるのも良いでしょう。

焦らずに一緒に学んでいくこと。
親子の関わりの中で楽しみながら身についていくのがいいですね。


【子供の習い事関連の記事】
⇒子供の習い事ランキング10選!
⇒子供の習い事人気No.1!水泳のメリット・デメリットは?