スポーツ 野球

MLB田中将大投手の2016年9月の成績一覧!

2016/09/22 [本日] 2 views [累計] 546 views

WS000053
マー君の2016年9月の全成績をまとめました。
早速ですが、成績一覧です!!

なお、2016年シーズンのこれまでのマー君の総合成績は、以下のページをご覧くださいませ。
・田中将大投手の2016年全成績一覧と次回登板予定日!

Sponsored Link

2016年9月 田中将大投手の成績一覧

今季28回目の登板!9月6日 対ブルージェイズ戦

スコア
○5-3
マー君勝敗
勝利
通算防御率
3.11
投球回
6回 1/3
打者
27
投球数
105
被安打
7
被本塁打
0
奪三振
4
与四死球
3
失点
2
自責点
2

7回途中2失点で12勝目!スタンディングオベーションも!
ジラルディ監督が「序盤はスライダーが良くなかった」とコメントしているように、田中は初回から2連打を浴びていきなり1失点。合計3四球を与えるなど制球に苦しみながらも、2回以降は無失点で切り抜け、7回先頭打者に四球を与えた後、1死を奪ったところで降板となった。味方打線の援護もあり試合は5-3でヤンキース勝利。田中もこれで今季12勝目となった!

マー君、今回登板の出来には満足していないようですが、勝利は勝利です!これでメジャー自己最多の13勝目まであと1勝に迫りました!!
ちなみにこの試合、マー君が降板の時、地元のファンがスタンディングオベーションで沸いたそうです!今回登板は、とても良い出来ではないながらも、観客は最近のマー君の働きに敬意を表したのではないでしょうか?

確かに今季前半戦のマー君は、なかなか良い成績を残せず、特に中4日登板での試合の出来は最悪でした。しかし、後半戦が始まるや、中4日でしっかり良い成績を残し、チームに勝利をもたらしています。今シーズンを通して、圧倒的な結果を残しているとは言えませんが、地味に良い成績を残しているとはいえるでしょう!
残りの試合で、地味な良い成績から、何かひとつでも飛び抜けた成績が残せるよう期待しています!!


今季29回目の登板!9月11日 対レイズ戦

スコア
○5-1
マー君勝敗
勝利
通算防御率
3.04
投球回
7回 1/3
打者
28
投球数
102
被安打
5
被本塁打
1
奪三振
10
与四死球
1
失点
1
自責点
1

自己最多タイの13勝目!今季最多の10Kも!
初回から相手に粘られて、1回だけで22球を費やしてしまったが、徐々に調子を上げていった田中。「今日一番良かったのはスプリッター。制球もスライダーも前回より良かった」とコメントしたように、今日の田中は、スプリッターとスライダーで、面白いように相手打者の空振りを奪い、今季最多の10奪三振となった。6回には味方打線も2者連続ホームランなどで田中を援護。8回1死からレフトへの一発を浴びて1失点。続く打者に死球を与えたところで降板となった。ヤンキースは5-1で7連勝。田中も7戦負けなし、途中勝敗つかない試合を除けば6連勝となった。

マー君は、前回登板は勝利したものの納得していない様子でしたが、今回は見事に修正をして、特にスプリッターが素晴らしく、マー君自身も前回登板より良いピッチングができたとコメントを残しています。
マー君はイマイチぱっとしない時期もあり「年俸に見合った働きができていないんじゃないの?」などと言われてたものです。ですが、なんだかんだと、マー君が投げた29戦中、ヤンキースが勝利したのは22戦です!やはりマー君神の子不思議な子!全体的には素晴らしくチームに貢献していますね!!さらにここ最近の安定感も素晴らしく、防御率でもリーグ3位に躍り出ました!!
この安定感を維持して次戦も勝利を!!


今季30回目の登板!9月16日 対レッドソックス戦

スコア
●5-7
マー君勝敗
-
通算防御率
2.97
投球回
7回
打者
28
投球数
93
被安打
4
被本塁打
0
奪三振
0
与四死球
3
失点
1
自責点
1

7回1失点で快投も防御率リーグ首位に!しかし、サヨナラ負けで勝利ならず!
自身のメジャー最多勝利を目指して登板した今回、2回に1失点するものの、2回、6回を三者凡退で抑えるなど、4安打を許すのみで無難に勝利投手の権利を得て降板。
しかし、後続の投手陣が踏ん張れず、結局、最後は守護神ペタンセスがサヨナラ3ランを浴びて4点のリードを守りきれず敗戦。田中にとってメジャー最多の14勝目はお預けとなった。

今回登板の田中の投球で印象的だったのは、三振がひとつも取れなかったことですね。
田中自身は、「三振は取れなかったけど、その代わりに今日はゴロアウトがすごく多かった、低めのスプリットでゴロを打たせることが多かったですね」とコメントしてますし、打たせて取るピッチングで強力レッドソックス打線を抑えた。という感じですかね。

勝利できなかったのは残念ですが、今回は1失点で、防御率は2.97とリーグトップとなりました!
これまで、味方の打線の援護がなかったり、救援陣が打ち込まれたり、監督が田中の勝利投手の権利を得る寸前で降板させたり・・・。色々と運が悪くて、勝利数自体は少ないマー君ですが、後半戦の安定した活躍もあり、実はかなり良い成績を残していっていると思います。残りの試合、好投を維持できれば、もしかしたらサイ・ヤング賞も夢でもないかも?!


今季31回目の登板!9月22日 対レイズ戦

スコア
○11-5
マー君勝敗
勝利
通算防御率
3.07
投球回
6回
打者
26
投球数
99
被安打
7
被本塁打
4
奪三振
5
与四死球
2
失点
4
自責点
4

まさかの1イニング4被弾も、打線が援護で14勝目!
メジャー14勝目を賭けての今季31回目の登板。田中自身「序盤は特にボールにキレもなかった」と述べていた通り出だしがあまり良くなかった。1回は1安打を浴び、2回は安打と四球で一、三塁のピンチをなんとか切り抜け、そしてむかえた3回、田中は三者連続本塁打を含む、人生初の1イニング4被弾!!
しかし、最近好調が続いてる田中は、ここで崩れない。「自分の中で分析しながら、3回以降はマシな投球ができた。何とか立て直した」とのコメントも残しており、実際4,5,6回は無難に無失点で抑えた。6回を終えたところで99球。味方打線はこの回までに8得点をあげ、勝利投手の権利を得、7安打4失点で降板となった。ヤンキースは11-5で勝利、田中は14勝目をあげた。


1イニング4被弾は痛いですね。しかしながら、崩れることもなくその後抑えることができたのは何よりです。防御率も3.07まで下がったものの、まだリーグトップを維持しています。サイ・ヤング賞はだいぶ遠のきましたが、残り試合、全て良い結果で終えることを期待しています!


【関連記事】
・田中将大投手の2016年全成績一覧と次回登板予定日!
・MLB田中将大投手の2016年4月の成績一覧!
・MLB田中将大投手の2016年5月の成績一覧!
・MLB田中将大投手の2016年6月の成績一覧!
・MLB田中将大投手の2016年7月の成績一覧!
・MLB田中将大投手の2016年8月の成績一覧!