エンタメ ドラマ・映画 営業部長 吉良奈津子

『営業部長 吉良奈津子』第5話のあらすじと感想!ノルマ達成の大チャンス!なのに高木が行方不明?!

2016/09/26 [本日] 0 views [累計] 107 views

kiranatsu5
自分の知らぬところで物事が色々と動いていて、誰かに聞いても肝心なことは教えてもらえない・・・
そんな状況、本当に嫌ですね!!

このドラマの主人公、吉良奈津子は今ちょうどそんな時。
上司は奈津子を陥れようとスパイ(一条:DAIGO)を送りこんで画策しているし、部下(米田:板尾創路)は他社に引き抜かれようとしているし、夫は信頼しているベビーシッターと2人で外で会っている。

仕事もうまくいかない。
それでも部長として揺るがない精神をもって前向きに明るく振舞っているからこそ、再びチャンスが舞い降りてくるんです!

頑張れ!ママ部長!!

(Author: あずちん)

Sponsored Link

『営業部長 吉良奈津子』第五話のあらすじ

前回、高木の自信作だったCMをお蔵入りさせてしまった奈津子。
改めて謝罪すると、「近くにいる人から寝首をかかれますよ」と脅されます。

奈津子の心配ではなく自分を守るためだと言っていますが、こういう風にでも忠告してくれるんだからありがたいし、やっぱり奈津子のことを気にかけてるのかなと思います。

一方こちらも超気になるところ、夫の浩太郎とシッターの深雪が、ついに深雪の相談に乗る形で喫茶店で会っています!
深雪は、「来てくださらないかと思ってました」と早速涙ながらに喜んでいます。

浩太郎も浩太郎、悩んでいる女性を助けるのは男として当然って、そんな文句言われてみたいです!!
深雪の悩みは本当に深刻そうで・・・

寝首をかかれる発言が気になって仕方がない奈津子は、部下を勘ぐり始めます。
そこへ、上司の斉藤常務から呼び出しが。

そこには高木も。
斉藤は、ファストファッションの代表格、ORANGE.(オレンジドット)というブランドのキャンペーンCMを二人でやらないか、と持ち掛けます。
この会社が手掛ける新ブランド、WHITE.(ホワイトドット)のCMです。

この会社は大輝エージェンシーという同業他社が扱っていましたが、撮影中にタレントを怒らせて契約が打ち切りに。
そこで、東邦広告に話が回ってきたとのこと。

食いつきまくる奈津子をしり目に、なぜ10億もの大口に第一営業などではなく奈津子率いる営業開発部が出てくるのだと高木はいぶかしみます。

実は、怒らせたタレントとはかつて奈津子が見出した売れっ子キャスター太刀川冴子(芦屋星)。
奈津子の昔のつてを使って、冴子がもう一度WHITE.のCMに出演してくれるよう口説けと言うのです。

期限は8日間。
奈津子はもちろん引き受けます、高木も渋々。

しかし、美味しい話には裏がある?!

担当は一条が自分からやると言い出します。
常務と組んで東邦広告の社長に営業開発部の情報を逐一報告している彼が。
ますます怪しい。

早速奈津子が冴子に会いに行きます。
すると、向こうからORANGE.のCMに出演するつもりはないと先制攻撃!

でもここからが奈津子の真骨頂、説得の嵐で攻めまくります!
CMに出演して特定の企業と結びついたようなイメージを持たれたくないと言う冴子。
キャスターは発言の公平性が命だからと。

それでも奈津子は、相手のことを真剣に想い、リサーチしたうえでキャリアアップにつながるように様々な切り口で説得。
キャスターとして五年目、今が転機だと懸命に語ります。

ここまで言われたら、昔の恩もあるし冴子はCMプランを見ることをOKします。
奈津子、さすが!!

社に戻り高木に報告します。
高木のCMプランを冴子が気に入らなかったら一巻の終わり、と告げ、あなたらしい斬新な攻めのプランでいけば大丈夫とまた説得するのですが・・・

高木はどうやらスランプの様子。
奈津子の「あなたらしい」という言葉が引っかかり、とっても悩んでしまいます。
締め切りまでに間に合うのかな?

生みの苦しみ、これは生まれない時は誰にも分からないですね。
プレッシャーがかかればかかるほど、苦しみは大きくなる。

奈津子は、浩太郎から大事な話があると告げられます。
どうやら深雪から聞いた話がきっかけのようだけれど、浩太郎はお姑さん、つまり自分の母親と同居しないか、と切り出します。

また、子どもは家族で育てていくべきだから、これから忙しい時は壮太くんのお迎えやお世話は母親に頼もう、シッターを使うのはもうやめよう、と。

お金があるなら、私もお姑さんではなく気を使わないシッターさんに頼みたいと思うことはあります。
まして、奈津子は色々と口うるさく言ってくるお姑さんがちょっと苦手。

だからこそ、深雪に頼っていたのでしょう。
でも浩太郎の言い分もよくわかる。
奈津子も提案を受け入れます。

それにしてもどうしたんでしょう浩太郎?!
深雪が何を言ったのか気になる。

浩太郎は、深雪にもう会わない方がいい、会わないことがあなたを守ることです、妻にもシッターを頼むのは止めるように言いました、と一方的に伝えます。
深雪は泣きそうになりながら、分かりました、でもさみしいです。と・・・

そして迎えたプレゼン当日。
なんと、高木が行方不明に!!!

何度かけても電話に出ず、どこにもいない。
奈津子は、高木のプランなしで営業だけでできることをしようと割り切ります!

とそこへお姑さんから電話。
今日は冴子のCMコメント撮りのため山中湖に出張なので、壮太くんのお迎えを頼んでいたのでした。

ぐちぐちと小言を言われ、帰りが夜遅くなるなんて許さないとまで言われ、奈津子はお姑さんに迎えに行ってもらうのを断ります。
そしてすぐに深雪に電話し迎えを頼みます。

深雪は浩太郎から聞いていた話と違って驚きますが、嬉しいですと喜んで引き受けます。
こうするしかないですよね、他に誰もいないし。

高木は派遣の今西朋美が見つけました。
アイディアが煮詰まった時に行くという水族館でサメを見ていたんです。

奈津子が高木を大急ぎで迎えに行きます。
プロなら逃げるなと、強く説得。

今回は説得シーンが多いですね。
説得のセリフ、一言一言がグッとくるものあります。
脚本の力でしょうか、誰かに自分の想いや考えをちゃんと伝えるってとても難しいけれど、こんな風に言われたら、すごく心に響くなって思います。

高木のナイスプレゼンでようやく冴子も受諾してくれることになり、ドレス着用でのコメント撮りも無事成功、締め切りを守ることもできました。
メイン商品の純白のドレスは冴子の洗練潔白なイメージにピッタリ。

打ち上げに参加したい気持ちもありますが壮太くんが待っています!
ところが山中湖から帰るのにタクシーが一時間待ち!
あくせくしていると、高木が車で東京まで送ってくれることに!!

やっぱりいい人だ~高木さん!!
この二人がたまに仲良く話していると、まさに仕事の同士だ!ってすごく素敵に思います。

ところが!
こんなにうまく事が運ぶはずはない!!

深雪は浩太郎にいよいよ告白!
最初は奈津子がうらやましくてちょっと波風立ててやろうとして浩太郎に近づいたけど、「本気で好きになってしまったの・・・」じゃないし!

そして、なんと!!
純白のドレスがメイン商品のWHITE.なのにせっかく苦労して起用した冴子に大物代議士との不倫疑惑情報が!

この話は、どうやら一条が斉藤常務と組んで週刊誌にリークしたっぽい。
許せません!!
ここ最近で一番腹立たしい!!!

どうする奈津子?!
今回はここまでです。


感想

ベビーシッター坂部深雪役の伊藤歩さん、かなり演技うまいです。
あまりに怖いので見入ってしまって言い忘れていましたが、本当に。

私は彼女がかなり若い頃から知っていますがもう36歳なんですね。
全然見えないです、若い!

過去には映画「スワロウテイル」で日本アカデミー賞新人俳優賞を獲っていたり、他の映画で頭を丸坊主にしたりと女優として割り切った演技で知られています。
それだけに、この難しい役どころも難なくこなしていそうでこれからも楽しみです!!

次回はこの悪夢に奈津子がどう立ち向かうか!冴子は?浩太郎は?深雪は?
お楽しみに!!

【各回のあらすじと感想はこちら】
・第1話のあらすじと感想!育休から復帰したママ部長の奮闘記!
・第2話のあらすじと感想!今度は化粧品会社に猛アタック!!
・第3話のあらすじと感想!ノルマ達成のチャンスなのに孤立!奈津子どう動く?
・第4話のあらすじと感想!お家騒動に巻き込まれ大ピンチ!!
・第5話のあらすじと感想!ノルマ達成の大チャンス!なのに高木が行方不明?!
・第6話のあらすじと感想!開始早々ヒヤヒヤ!!
・第7話・第8話のあらすじと感想!会社との最終決戦!勝つのはどっちだ?!
・第9話のあらすじと感想!
・第10話(最終回)のあらすじと感想!営業開発部は解散?コンペは?奈津子の家庭は?気になる結末を紹介します!